もう訪ねることもなかろうもん【水城院再訪問02】

前回の続きです。

ふと太宰府市にある【水城院(すいじょういん)】のことが気になって

先日再訪問してみましたというお話の途中でしたね。こんにちは。

では続きます。

【水城院】のある『水城ゆめ広場』へ入り

それから、森の中にある案内板を確認すると

そこには『思水園』の在りし日の姿が。

ちなみに『思水園』については、以前の訪問時にネットで調べていて、そこから参照すると↓

由布惟重(ゆふこれしげ)という人が思水園という施設を造りました。売店やビアホールがあって、釣りや料理が楽しめる場所でした。昭和9年辺りに閉園しました。

閉園したのちには、米軍相手のダンスホールが開園していた時代もあったのだそうです

とのこと。(※思水園を訪ねた以前の記事はこちら!↓)

一方、今向かっている【水城院】は以前の自記事によると↓

大正13年(1924)に、高鍋日統という僧侶が中心となって「大陸発展、海外雄飛、大亜親交の道場」とする目的により建立された寺院の跡。大正15(1926)年、朝鮮総督斉藤実により、朝鮮全羅北道出土の梵鐘の寄贈を受ける。戦後しばらく活動していたが、その後廃寺に

とあって、大正13年から戦後の昭和20年(1945)辺りまでが活動期間と考えられます。

つまり『思水園』と【水城院】は共に存在していた期間があるみたい。

さて、森の小道は途中で通行止めに。ここで右か左か選びなさいと言っている。これは

左へ進めば『思水園跡』かつ外堀側で、右へ進めば『水城院跡』かつ内堀側であるという案内。どういうことかといいますと↓

水城の土塁には博多側に外堀があり、また太宰府側には内堀がありました。かつて外堀に水を貯め、木樋と呼ばれる導水管で内堀へ水を供給していたのだそうです。

では先へ進みます。分かれ道で右を選ぶと再び説明書きがあって

図を見てみるとこういう具合。

また、こちらには先ほどの導水管の説明。↓

そこからすぐそばの小さな丘の上にあるのが

【水城院】。↓

案内には『熊田勇吉碑』『古渓大明神』という記述も見えます。

熊田勇吉碑は多分お墓のことを指しており、前回記事の階段の先にありました。また『古渓大明神』というのは、以前訪ねた博多区奈良屋町の古渓和尚と関係あるっぽいけど良く分かりません。↓

では階段を上って再訪問といきましょう。↓

入り口には石柱。↓

左に「国家安全」右に「天下泰平」。↓

また柱の裏側はそれぞれ「昭和十一年十月吉辰」「博多瓦町行者山本妙山会信者」とありました。

では満を持して境内へ。もちろんおしゃれカフェなし!古着屋も雑貨屋も森ガールもいません!ちょっと残念。

あるのはこちらの案内と

なにかしらの石の跡ばかり。↓

少し歩いてみたら、森の小道は「小池」へとつながっており

さらに森の奥へ向かってみたけど、案内にあった『古渓大明神』は見つからず。

といった感じで【水城院】をあとにして↓

それから西門跡を過ぎ

かつての官道を辿って福岡まで歩いて戻ろうと思ったけど↓

そうじゃないなって気もしたので、結局電車で帰りました。

ではまたどこかで。ありがとうございました。終わり。

【水城院跡】

福岡県太宰府市吉松3丁目17-1