繁氏という男よ【石堂地蔵尊】【苅萱の関跡】

福岡市博多区千代を流れる「御笠川」に架かったこの「石堂橋」を渡り↓

3号線を横切って東へ入ったすぐのところに【石堂地蔵尊】があります。↓

『千代大学通り』の片隅にぽつんと建つ小さな地蔵堂です。

こちらの地蔵堂は「子授け地蔵」だとか「刈萱地蔵」とも呼ばれているそうで。

また、能や琵琶そして浄瑠璃で全国的に知られる『苅萱』の誕生の地でもあるらしいんです。

そんな『石堂地蔵尊』の由来はこんな具合。↓

筑前(福岡)の守護職であった加藤繁昌(しげまさ)は弓矢の達人で知られる男。そんな彼ですが、40歳を超えても子宝に恵まれません。

そこで香椎宮に願掛けをしてみたところ、神のお告げが!!

「石堂川口のそばにある地蔵尊から、丸くて温かい石を頂いて、それを妻に与えてみよ!!」

すると、神のお告げ通りに…。

その10ヶ月後に、元気な男の子が生まれ、繁昌はこの子どもに『石堂丸』と名付けたのでした。

そんな逸話から、こちらの【石堂地蔵尊】は子宝にご利益があるとされています。

この時に生まれた『石堂丸』が、伝承『苅萱』のメインキャラクターである『加藤左衛門繁氏(しげうじ)』であり、のちの『苅萱道心(かりやどうしん)』であるというわけ。

つまり、石堂丸→加藤左衛門繁氏→苅萱道心と名前は変わったけど、同一人物ってことですね。

で、その『苅萱』っていうのはこんなお話です。

(wikipediaはこちらを参照)

800年あまり前のことです。

『石堂丸』はのちに加藤左衛門繁氏(しげうじ)と名乗り、筑前(福岡)御笠郡刈萱荘(かるかや)の関守を務めました。

妻桂子と平和に暮らしていたけれど

ピンときたとかこないとかで、ある時千里姫(ちさとひめ)という女性を第二夫人(側室)として迎え入れたのでした。

そんなことをすると、当然家庭は上手くいきません。

憎しみ合う女性同士の仲たがいに悩み、繁氏は家を去ってしまいました。そして出家をし修行のために高野山へ向かったのです。

そしてこの地で繁氏は「苅萱道心」と称するようになったのでした。

ん!?色々言いたいことはあるんだけど…。一番言いたいのは

「去ってんな!?」

ってことかな。話はまだまだ続きます。



残された第二夫人である千里は家を離れたのち、繁氏との子を出産しました。

そして父の幼名にちなんでその子に「石童(堂)丸」と名付たのです。

分かりづら。一応『どう』の漢字だけが親子で違うみたい。父が「堂」で息子が「童」。

それから数年後、石童丸は立派に育ち、病弱な母(千里)とともに父(a.k.a石堂丸)がいると噂で聞いた高野山へ向かいます。

ですが高野山は女人禁制の地。母は麓の宿に留まり、石童丸ひとりで父を探しに行くのでした。

その道中で、とある僧(実は父である苅萱道心、つまり石童丸の父である石堂丸)に出会います。事情を聞いた僧(父)は石童丸(息子)に

「お前のお父さんはすでに死んでいる!!」とか言い放ったのであった。

ってか、おい!!



父の死を父から聞いた石童丸。母の元へ戻り僧(父)の言葉を母に伝えます。すると…。

夫の死(仮)を聞いた病弱の母はショックで死んでしまったのでした。

おい?

こうして天涯孤独(仮)の身になった石童丸は、再び僧(苅萱道心つまり父)を訪ねます。

石童丸は僧(父)の弟子になり、共に修行すること30年あまり。長い期間を父子は一緒に過ごしたのです。

が、その生涯において苅萱道心(父)は秘密を最後まで貫き通したのでした。

なんでだよ!!

このお話は古くからの伝承ですので、様々にストーリーが枝分かれして現在に残っています。
中には父子ともに、同時刻に往生を遂げたというお話もあるそうです。

さて『石堂丸地蔵尊』の堂内をのぞくと、玉を持つ地蔵が祀られていました。↓

石堂橋には『石堂丸』のレリーフが飾られている。↓

また、こちら太宰府の日田街道沿いには『刈萱の石碑』がありました。↓

『刈萱』というのは、大宰府の警固のために置かれた関所。もともと繁氏(石堂丸)はここで関守を務め、幸せに暮らしていたんです。

だけど話は転がり始め…。

なにはともあれ。とにかく繁氏という男よ…。

【石堂地蔵尊】

福岡市博多区千代3丁目6

【苅萱の関跡】

太宰府市坂本1丁目3-15