ゆるやかなカーブを過ぎたらそこは【名島橋】

3号線を博多方面から香椎方面へ向かって進みます。

貝塚公園を過ぎて

ゆるやかなカーブを抜けると

ばっと視界がひらけて

多々良川の河口に橋がかかっている。

名島橋です。

こっちが東区箱崎7丁目であっちが名島2丁目。1日に約6万台もの車が通るという東区の要。国の登録文化財。

橋が架かる以前の多々良川には村営の渡し船があって(この辺り!?)

それから1910年に木造の橋が完成し、現在の橋が架設されたと。

この現在の名島橋は【名島水上飛行場】に伴う道路整備の一環として架設された、という説がメインだけれど他にも諸説あるみたい。
鉄道を通す予定があったとか、軍事的に道路を使うためだとか。

東洋一といわれた石炭火力発電所も、かつてこの辺りにあったそう。

水上飛行場だって、きっとここから見えたはず。→リンドバーグ『ここは名島ですか』【名島飛行場跡】

また、多々良川は足利尊氏と菊池武敏の合戦でも知られていますね。→魚鱗の陣形は背後が弱点【多々良浜古戦場跡】

さて、渡ってみましょうか。
名島橋に並ぶこちらは『臨港線』の鉄橋。↓

その向こうには『西鉄貝塚線』の名島川橋梁。↓

さらにその隣りに『JR鹿児島線』の橋梁。(反対側から見たよ)↓

名島橋は7連アーチの鉄筋コンクリート橋。

橋は御影石で覆われているのだそうです。

でっぱり部分は半円形のバルコニー。

親柱のデザインもしゃれている。

そして新潟の信濃川にかかる万代橋とは兄弟らしい。

個人的には、この橋を渡ると、福岡の東側に来ているなあと感じます。東区のランドマーク的な建築物。
まあ、とっくに東区に入っているわけですけれど。THE 東区って感じ。

遠方より名島橋を眺める著者。


【名島橋】

福岡市東区箱崎2丁目42-6