あなたのため息で世の中真っ白【国分天満宮】

福岡県太宰府市に鎮座する【国分天満宮】を訪ねました。訪ねたというよりも偶然通りかかったんですけど、まあ今回はその時のお話です。

今年の夏辺り?のことになりますが、私はふと『太宰府市文化ふれあい館』へ行こうと思い立ち、福岡方面から太宰府方面へ向けて福岡日田線を進んでいたのであった。↓

「水城館」を通り過ぎて(→ここを夢の国と呼ぶ人もいるだろう【水城館】)↓

国分寺前の信号で左へ曲がって「国分台通り」へと入ります。↓

そこからゆるやかな坂道がしばらく続き↓

「旧小字 松本(木)」?どっち?↓

左にも右にも色々あるけれど、今回はまだまだ真っ直ぐ進んでいきます。↓

ほら案内が出ているよ。あんしんあんしん。↓

通りの突き当たりで道は二手に分かれ↓

今回は右へ曲がって「国分寺通り」へと入っていきます。↓

曲がり角には立派な碑が立っているけれど、なんだろう。読めませんでした。↓

角には案内も出ていて、目的地の「太宰府ふるさと館」の手前には「筑前国分寺跡」という史跡があるらしい。気になります。↓

先へ進むと、通りに「国分寺」の文字。右は駐車場ということかな。↓

さらに進むと、なんと道路の真ん中にオブジェ!!があって↓

そばへ寄って見ると説明書きがありました。これは「八角燈籠」というものなんだそうです。↓

では、さっそく読んでみますね。↓

この燈籠は奈良東大寺の八角燈籠をモデルに製作しました。火袋には音声菩薩がさまざまな楽器を奏でています。東大寺は奈良時代に全国の国分寺の中心として建立されました。

燈籠の真ん前には「国分寺」入り口があって↓

その「国分寺」隣にはなにかしらのスペースがある。これが「国分寺跡」かしら。↓

また、燈籠の向こう側には神社が鎮座しているのが見えます。「国分天満宮」というんだそう。訪ねてみることにします。↓

通り沿いに鳥居があって↓

「旧小字 堀田」。↓

こちらはなんだろう。「石垣」というキーワードだけは分かったんだけど。↓

では境内へ。↓

境内ひだいに「山上憶良の歌碑」があって↓

そばに説明書き。歌を書き写すとこんな具合。↓

大野山 霧たち渡る わが嘆く おきその風に 霧たちわたる

また、その大意というのは↓

大野山に霧。私が亡き妻を思って吐く、深い深いため息で 一面に霧が立ち渡っているよ

ということで、大野山というのは四王寺山のことなんだそうです。この山ってことかな?↓

さて、こちらが拝殿で↓

拝殿内をちらっと失礼します。↓

狛犬。こんにちは!↓

こちらは境内社。↓

由緒書きなどが見つかりませんでしたので、『太宰府市文化ふれあい館HP』より参照します。↓

国分という地名は、天平13 年(741)に聖武天皇の詔によって建てられた筑前国分寺によるもので、この他にも国分尼寺跡、国分瓦窯跡があります。

そして↓

かつての集落は国分寺周辺の農業を生業とする「ムラ(方)」と、日田街道の道筋に沿った商人や職人が多く生活する「マチ(方)」と呼ばれる場所にありました。
国分天満宮はかつての「ムラ」の住民により祀られています。ご祭神は「菅原道真」。

とのこと。本殿で↓

境内の雰囲気はこんな具合。↓

また、【国分天満宮】の向かいは広場になっているみたい。ちょっと寄ってみることにしますね。↓

ザ・広場。↓

振り返ると、向こうに【国分天満宮】が見えて↓

バス停があるよ。↓

それでは『国分寺』そして『国分寺跡』を訪ねたいと思います。が

続きは次回。よろしくどうぞ!


【国分天満宮】

福岡県太宰府市国分4-735