今と昔じゃ距離感がだいぶ違う【飛来神社】

吉塚3丁目(旧東堅粕)の【飛来(ひらい)神社】を訪ねました。

吉塚の空港通りから住宅街へちょっと入ったところに鎮座しています。

真っ直ぐ進むと【東光院境内】の入り口。↓

で、こちらが【飛来神社】の鳥居です。↓

ご祭神は「大己貴命」そして「少彦名命」(すくなびこなのみこと)。

「少彦名命」は小柄で子ども好き、そして手足が不自由。そうしたことから「子どもの守護」そして「手足(特に成長痛)の神様」としてご利益があるとのこと。



では由来書を読んでみます。↓

かつてこの堅粕の地に「薬師の湯」という温泉がありました。

温泉の効能を讃えてそこに二神を勧請し、湯守の神としたのが始まりです。(神様が温泉を守るために飛来してきたともいわれています。)

人々は手足の治癒を祈願して温泉に入り、治ったお礼として今度は「少彦名命」の手足が治るよう手形足形のお札を奉納したといいます。

そしてそれから月日が経って、806年に

元々鎮座されていた東光院入り口から、200mほど離れた現在の場所へ遷座されました。

とありました。

拝殿の中をのぞくと、戦国武士の絵馬がいくつか見えます。↓

奉納絵馬。こちらはデザインの感じが『野芥縁切地蔵』に似ている気も。↓

福岡市博物館のHPを参照しますと↓

子ども好きな「少彦名命」は、子どもが周囲で遊ぶのをとても喜ぶそうで、なんと昔の子どもたちは、ご神体を川に投げ込んで浮き袋に使って遊んだこともあったとか。

昔の子どもと神さまの関係は、今と比べて気さくな感じ!?

日本には、似たような習俗として『足手荒神(あしてこうじん)』という民間信仰があって↓

同様に手足の疾病・傷害の平癒を祈願して手形や足形を奉納します。この信仰は熊本、福岡、秋田、大分などの地域に特にみられます。

とのことだそうです。

【飛来神社】

福岡市博多区 吉塚3丁目11-19