つい通り過ごしてしまいがちな系【警固神社】

福岡市中央区の国体道路沿いに鎮座する【警固神社】を訪ねました。

西鉄福岡駅のすぐそばで、中心街のど真ん中に位置しています。

【警固神社】は開運・厄除けの御利益で知られているそうで

ご祭神は「神直日命(かむかおびのみこと)」「大直日命(おおかおびのみこと)」「八十枉津日命(やそまがつひのみこと)」。

「神直日命」「大直日命」は禍いを正しい道へ導いてくれる神で、「八十枉津日命」は災いから守ってくれる神。

神社の相殿には「建角身神」「豊玉姫命」「神功皇后」「応神天皇」が祀られています。

社名の由来は、かつて海上交易の拠点であった『鴻臚館』近くに置かれた、防衛施設『警固所』からきているそうで

現在もここ中央区には「警固(けご)」という地名が残っています。

神功皇后の三韓征伐の折に、その皇后を守り導いた「警固大神」を、現在の福岡城辺りといわれる「福崎」の山の上に祀ったのが【警固神社】のもともとの始まりとのこと。↓

たしか『現人神社』では、「住吉三神」が神功皇后を守り導く役割だったような気がします。(→そそそそそ、だからその話【現人神社】

その後、黒田長政による福岡城築城の際に【警固神社】は「下警固村」に移されて

『小烏神社』と一時合祀されたあと、現在の地(天神2丁目)に社殿が造営されて遷座。そして現在に至るのだそうです。

こちらは境内社の『今益稲荷神社』で↓

ご祭神は五穀豊穣の「宇迦之御魂神」。

手前側の狛狐は、にっこりしてて↓

奥側の狛狐は、いかつい。↓

参拝後に撫でると、福がつくのだそうですよ。

こちらは狐の穴。

「猿田彦」。

隣りの警固公園からも、この出入り口で行き来できる。↓

また「足湯」や↓

「御神水」も。↓

「東職人町」「上名島町」といった旧町名の石柱。↓

今回私は【警固神社】へずいぶん久しぶりに訪ねてみました。

老若男女、実に様々な人がサクっと参拝してサクっとまた街へ戻っていく。
都心ならではの光景が目の前に広がっていて、とてもいい感じでした。

【警固神社】

福岡市中央区天神2-2-20