そそそそそ、だからその話【現人神社】

福岡県那珂川市にある【現人神社】を訪ねました。「あらひとじんじゃ」と読みます。

福岡方面から那珂川方面へ国道385号を進んで↓

そして現人橋交差点を左へ。

那珂川にかかる『現人橋』を渡ります。橋の欄干には説明書きがあって↓

読んでみると↓

現人神=住吉三神。困難に直面したときに姿を現して不思議な力を授けてくれる神さまである。

そして

現人神社は戦国の戦ですべてが焼失してしまいました。現在のものは、黒田藩藩主や重臣からの寄進によるものです。正徳4年(1714)に「明神大鳥居」が建立されました。

また

毎年10月の秋季大祭(おくんち)では「流鏑馬」や子どもたちによる「奉納宮相撲」が行われます。

とありました。

で、橋を渡ってちょっとだけ進むと↓

仲公民館の隣に↓

【現人神社】が鎮座しています。↓

社務所のそばに案内板がありましたので↓

wikipediaの『現人神社』の項やその他色々あわせて、参照してみます。↓

『住吉大神』を祀る神社は全国に約2000以上あり、中でも『大阪』『下関』『福岡』にある住吉神社は『三大住吉』と呼ばれ、その『三大住吉』の中でも、『福岡』の住吉神社は『住吉神社』の始祖とされています。

とのことで↓

その祖とされている『福岡』の住吉神社は、こちら那珂川に鎮座する【現人神社】から分霊されたものである。

ということらしいんです。

つまりこちら【現人神社】は、住吉神社の祖の祖ということになるみたい。

始まりの地、本津宮(もとつのみや)。

現人神社のHPを参照しますと↓

神代の昔、イザナギノミコトが禊を行ったのは那珂川で、住吉三神がうまれたのは【現人神社】のすぐ傍だったという考察があり、遙か昔から住吉三神はこの【現人神社】の地にお祀りされていました。

そして

神功皇后が大陸遠征されたときには、住吉三神が「人の姿になって現れ」嵐をしずめ、水先案内をしました。

無事に大陸遠征を果たした神功皇后は、「人として姿を現した」ことから住吉三神を「現人神」と呼び、那珂川の水を引いて神田を潤し五穀豊穣を祈念して「現人大明神」の尊号を授けられました。

【現人神社】のご祭神は、『住吉三神』こと→

「底筒男命(ソコツツノオノミコト)」「中筒男命(ナカツツノオノミコト)」「表筒男命(ウワツツノオノミコト)」。

こちら拝殿です。↓

ご神木の大楠で↓

社務所。↓

社務所そばには那珂川八十八ヶ所の78番札所があって、祠には『如意輪観音菩薩像』。↓

秋季大祭の「奉納相撲」はこの土俵で行われるのでしょうね。↓

「流鏑馬」はこの細い道を通るみたい。↓

そしてこちらの鳥居が『明神鳥居』。

『明神鳥鳥居』というのはこういう形式のものだそうで↓

記載にあるもともとの額はこちら。↓

また、毎年4月の中旬頃にはアオバズクがこの鎮守の杜へ飛来するのだそうですよ。

アオバズクというのはフクロウ目フクロウ科アオバズク属に分類される鳥類とのこと。

古の歴史をここ【現人神社】でたっぷり触れてきたわけですが、訪れる際にはちょっと注意が必要かも。こっちの鳥居じゃないんだよ!!↓

危うくだったわ、実際のところ。

【現人神社】

福岡県那珂川市仲3-7-8

HP:現人神社