八咫烏の咫は長さの単位【小烏神社】

福岡市中央区の城南線を薬院から桜坂へ向かいます。桜坂の上り坂の手前くらいを↓

少し脇へ入っていきます。↓

そして、住宅街の入り組んだ路地の中を進むと↓

【小烏神社】が鎮座しています。こがらす。別称は【小烏大明神】というらしい。

鳥居をくぐって、私はぐいぐいと石段を上っていく。

案内板がありましたので読んでみます。↓

創建は不明だけれど、古来より薬院に鎮座する古社で、地元の人々の篤い信仰を受けてきました。社名そして地名ともども、ご祭神である「八咫烏」に由来するといわれています。

とのこと。

ご祭神は「建角身神(八咫烏)」。土地の守護神。

その「建角身神」は、八咫烏に化身して『神武天皇』が熊野から大和に入る時に道案内をしたといわれています。

また、八咫烏というのは三本の足を持つカラスで、太陽の化身だとか導きの鳥とされていて

三本の足は「天」「地」「人」を表すという説や

また熊野三党の威を表すという説もあるといいます。

八の咫の烏っていうわけだけど、「八」っていうのはいったいなあに!?

まず「咫(あた)」というのは、古代の長さの単位だそうで、手を開いたときの中指の先から親指の先までの長さのことを指すみたい。

だから、八咫烏というのはその八倍の大きさの烏ということなのかしら。違ったお話がありそうだけど、私には分かりません。

境内社の『天満宮(菅原道真)』。↓

『稲荷神社(倉稲魂神)』。↓

神社境内は広くてゆったりしてて、裏には小さな公園がありました。

烏もいましたよ。お互い譲らなかったなあ。


    
【小烏神社】

福岡市中央区警固3丁目11-56