八咫烏の咫は長さの単位【小烏神社】

桜坂の上り坂の手前くらい。

城南線を少し脇に入っていくと『小烏神社』があります。

こがらす。別称は『小烏大明神』。

住宅街の中にありますね。

鳥居をくぐってぐいぐいっと石段を上っていきますよ。

ご祭神は建角身神(たけつぬみのかみ)。土地の守護神。

建角身神は、八咫烏に化身して神武天皇が熊野から大和に入る時に道案内をしたといわれています。

八咫烏というのは三本の足を持つカラスで、太陽の化身だとか導きの鳥とされているそう。

八の咫の烏。三本の足は天・地・人を表すという説や熊野三党の威を表すという説とか。

では八は!?



まず咫(あた)というのが古代の長さの単位だそうで、手を開いたときの中指の先から親指の先までの長さのこと。

だから、八咫烏というのはその八倍の大きさの烏ということなのかな。
違うかな。



こちら『小烏神社』ですが、創建の詳細は不明だそう。

かつて福岡城築城にあたって、本丸そばにあった『警固神社』が移されることになりました。

その際『小烏神社』も一緒に、現在の「古小烏」から丘の上へ移されて合祀されたのだそうです。

その後『警固神社』は現在の西鉄福岡駅前に移ることに。『小烏神社』はそのまま丘の上に鎮座したとのこと。

境内社は、天満宮(菅原道真)↓そして

稲荷神社(倉稲魂神)。↓

境内は広くてゆったりしてて裏には小さな公園がありました。

カラスもちゃんといましたよ。八咫烏じゃないけど。


    
【小烏神社】

福岡市中央区警固3丁目11-56