上亀山駅から志免駅まで辿ってみた【勝田線3/5】

【勝田線】の跡を歩こう!!第3回目です。第2回はこちらからどぞ!

前回は『上亀山駅』跡を訪れた後、交通量の多い福岡東環状線の前で力尽きた私ですが、今回は気力充分。

元気に歩いて行こうと思います。

この通りはそのまま横断できませんので、横断歩道までぐるっと迂回。

結構遠回り…。渡り終えて少し進むと

『南里駅』の文字。
【勝田線】が国有化されたタイミングで廃駅となった『南里駅』の名前だけが今でも残っているとのこと。

辺りに駅の面影をしのばせる痕跡は特になさそうです。

小さな橋を渡ると

ん?!

道が消えてイオン(福岡店)が目の前に。

かつての【勝田線】の跡はこのイオンの中を通ります。
つまり、イオンが勝田線跡をぶったぎっているわけですね。
おぉさすがです…。



仕方がないので、イオンの右脇に沿って進みます。

すると、再び遊歩道を発見。

ここから『志免駅』跡までの道は以前の記事『人に例えるならいぶし銀【旧志免鉱業所】』でも紹介済みです。

目の前を横切る小さな通りを渡れば

『志免駅』跡に到着です。

この『志免駅』跡は『志免鉄道記念公園』として整備されていますが、駅のホームが91号線で分断されています。
後ろにそびえ立つのが『旧志免鉱業所立坑櫓』ですね。

信号機や線路、踏切など見どころたくさん。

【勝田線】の駅跡の中では最も当時の空気を残していますわ。

壁面には当時の姿を映したタイル。

とても素敵な場所だなあ。【勝田線】がいよいよ身近になりました。

気持ちが良くなったので、今回はここまでにします。

毎度お付き合いいただき、あざっす。

また次回お会いしましょう。ばいばい。

前回の記事はこちらから!
次回の記事はこっち

【志免鉄道記念公園】

福岡県糟屋郡志免町志免中央2丁目7