3つの輪と舞い立つ鳩と出会いと平和【東平尾公園04】

前回の続きです。↓

前回、福岡市博多区の丘陵地帯にある【東平尾公園】を散策していたところ

ひょんな偶然から、マレーシアの彫刻「ケリリエン」に出合ったのでした。

では、今回も園内を元気に散策していきたいと思います。

公園を大きく分断する『ユニバ通り』に沿って通りを下っていくと↓

なんとも怪しげな石碑が立ち並ぶ広場へやってきました。↓

恐る恐るそばへ寄って見てみると↓

碑の一つにこんなことが書いてあります。↓

大会をささえたボランティアのお名前を掲載

そしてまた別の碑には、外国語によるメッセージがずらり。↓

そしてその脇にはこんな一文を見つけました。↓

大会に参加した選手のメッセージを掲載

なるほど。謎、解けましたよ。どうやらこれらは、スポーツ大会の記念石碑のよう。さらに!記念石碑のすぐそばに、激やばな雰囲気ぷんぷんのオブジェの姿が!↓

オブジェには手形がバシバシ貼ってあって、夜見たらかなり怖そうです。まさにブレアウィッチの山小屋じゃないですかこれ(最近再視聴。やっぱり怖かった)。それはさておき、近くへ寄ってみます。すると、↓

「ユニバーシアード福岡95」と刻まれており、そばに説明書き。↓

さっそく読んでみると、どうやらこちらはオブジェの説明で↓

金メダルモニュメント。ユニバーシアード福岡大会の金メダルをモチーフの製作しました

とありました。また、「ユニバーシアード基本理念」があって↓

それから市長のことば。↓

1995夏、世界各地から若い選手が集い、学生スポーツの祭典『ユニバーシアード大会福岡』が開催。記念してここ【東平尾公園】に『ユニバーシアード記念平和の杜』を整備しました

そして「大会の概要」も。↓

とりあえず読んでみると↓

ユニバーシアード大会福岡1995。スローガンは「スポーツはかるく国境を越える」。競技種目は12競技144種目。参加国・地域数は162

とのこと。ここで「ユニバーシアード」についてwikipediaで調べてみると↓

国際大学スポーツ連盟が主催する総合競技大会。全世界の学生たちが集まり、一般に「学生のためのオリンピック」といわれている。そのテーマが示すように大学スポーツの発展や、体育教育の振興のためにオリンピックの前年と翌年の2年おき冬季、夏季の両大会が開催される

とありました。ちなみに前回の記事で、橋の欄干に記されているのを見た「とびうめ国体1990」はまた別のイベント。こちらは毎年各地で開催される国内の運動大会が、1990年に福岡で行われましたよの記念。

といったところで、そろそろ碑をあとにして、そのままさらに道を下っていくと↓

そこには再び別のオブジェが聳え立っており、こちらもなんだか怪しげである。↓

説明書きがありましたので↓

まあ読んでみますよ。↓

より高く。大空にのびる3つの輪と舞い立つ鳩は、人々の出会いと平和を象徴

出会いと平和。バス停と交差点。

交差点向かいから振り返ってみるとこんな景色で↓

ここがどうやら正式な【東平尾公園】入り口のようです。

本当はまだまだ【東平尾公園】は広いんだけど

今回はここまで。続きはまたいつの日か。ではお疲れ様でした。完。


【PR】ザ・ベスト 運動会の音楽・マーチ・BGM集

【東平尾公園】

福岡市博多区東平尾公園2丁目1-2