宇美駅から勝田駅まで辿ってみた【勝田線5/5】

勝田線を辿る大冒険-最終回-

ふとした思いつきで【勝田線】の跡を辿り始めて、今回で5回目です。そして最終回。

前回は『志免駅(跡)』から『宇美駅(跡)』まで辿りました。
(→志免駅から宇美駅まで辿ってみた

今回は、勝田線の最終地点である『筑前勝田駅(跡)』へ向かって、あれこれ振り返りながら目指していこうと思います。よろしくどうぞ。↓

では続きです。『JR宇美駅』の駅前広場を抜けて少し進むと、再び遊歩道へ入っていきます。↓

ちなみに【勝田線跡】は『JR吉塚駅』から『勝田駅跡』まで全長13.8キロの距離、そのうち遊歩道が10.6キロを占めるらしい。

遊歩道が終わって、普通の道路からの↓

また遊歩道みたいな。↓

いい感じの橋があったり。ここは『貴船緑道公園』。

こういうのが、ちょっと面倒だけど。

『四王寺坂緑道公園』を過ぎて↓

こんにちは!!

「船石橋」を渡ります。↓

鯉のぼり!!↓

ところで、今なんで歩いてるんでしたっけ!?はたまた、【勝田線】って誰のお父さん!?そんな方のために、最終回だけど【勝田線】について今一度復習しておきます。↓

【勝田線】の始まりは、海軍炭鉱が志免で採炭を開始した際に創設された『筑前参宮鉄道』。
1918年に『宇美』『筑前勝田』間が開通し、1919年に『吉塚』『筑前勝田』間が開通しました。
その後、5社合併によって「西日本鉄道」になり、それから国有化されて【国鉄勝田線】になったわけです。

そののち↓

時代が変わり石炭需要の低下に伴って、【勝田線】もその役割を終えることになりました。

そして今、私の【勝田線】跡を巡る旅もまた、終わろうとしているのだ!!↓

おじさんもエールを送ってくれていると思う。スパシーバ。↓

緑のアーチが見えてきて↓

レトロフューチャー的。↓

このアーチでゴールかな!?と思わせる的。



だけど道は続いていて↓

このトライアルのある場所が『筑前勝田駅(跡)』でござる。最終目的地。↓

念のために、遊歩道の終わりのところまで行ったら、こんな感じ。↓

では、これにて【勝田線】跡を巡る旅は終了だからつまり解散ですよ!?さようなら。おつおつ。

これまで読んでいただきありがとうございました。

(※『九州の鉄道おもしろ史/弓削信夫』を参考にしました。ありがとうございました。)


【筑前勝田駅(跡)】

福岡県糟屋郡宇美町原田4丁目19