吉塚駅から御手洗駅まで辿ってみた【勝田線1/5】

以前、志免炭鉱を訪れた時から気になっていた【勝田線】の跡を辿ってみたいなと思いました。

【勝田線】は1985年に廃止された廃線。

ウィキペディアの【勝田線】の項を参照してみます。

1918年に糟屋近辺の石炭輸送や宇美八幡宮の参詣客のために筑前参宮鉄道として開業しました。

後に国有化され【勝田線】という名前に。

石炭時代の終焉とともに衰退し、【勝田線】は廃線となったのでした。

その【勝田線】の痕跡が今でもところどころに残っているらしいんです。

そこで、インターネットの情報を頼りに、廃線跡を辿ってみることにしました。

その【勝田線】の駅は順に↓

吉塚駅→御手洗駅→上亀山駅→志免駅→下宇美駅→宇美駅→筑前勝田駅

ということで『JR吉塚駅』からスタートしたいと思います。

こちらが『JR吉塚駅』西口で↓

駅そばには『東公園』や

『十日恵比寿神社』そして

少し離れると商業施設なんかがあって↓

わりと賑やかな感じ。

では出発です。【勝田線】は「吉塚駅」を出発すると、しばらく「篠栗線(福北ゆたか線)」と並走していたらしいので、私も並走したいと思います。

でもね、現在の『JR吉塚駅』からは、「篠栗線」とは別に「鹿児島本線」そして「山陽新幹線」も走っているので、見間違いのないようにしなくてはなりません。

っていっても、どれがどれだか分かりませんので、まあ雰囲気でね、いきますよ。↓

ここからゆるやかなカーブを描く篠栗線。現在は高架になっているけれど、かつては地上を走っていたそうです。↓

とかいってると、いきなり行き止まり。

進めませんので大きく迂回。ちなみにこれは『宇美川』だよ。↓

なんの変哲もない線路沿いの風景。それがまた良い。とかね。↓

小さな階段を上って道路を渡る私。↓

目の前をクロスする新幹線の高架。↓

その手前のこの辺りにあるのが、『勝田線の橋台の跡』なのだそうです。(ネットからの参照です。ありがとうございます。)

並走するのはもちろん「篠栗線」。

さらに進むと、右手には「社領北公園」があって↓

そして左のフェンスの内側。これも勝田線の跡なのかしら。違うかな。↓

ここで「福岡太宰府線」という通りにぶつかりました。真っ直ぐ進めませんので迂回することになります。でもね↓

通りを渡った先にある、こちらの駐車場の『これ↓』も『勝田線の線路の跡』なのだそうです。(ネット情報の参照です。ありがとうございます。)↓

結構ぐるーっと回り道をして、なんとか篠栗線の『柚須駅』に到着しました。この『柚須駅』自体、【勝田線】が廃止になって出来たスペースに造られた駅らしい。

ここで「篠栗線」と「勝田線」の並走は終わり。さよなら三角またきて「死角」ってことで↓

『柚須駅』の駐輪場脇に、見落としがちな小道があります。

ここから先の道こそが、廃線跡を遊歩道としてきれいに整備してあるマイウェイなのだ。ほんと楽しみ。↓

少し進んで「柚須西」の交差点を渡り↓

今度は「釜屋」の交差点で「福岡篠栗線」という通りを渡る。

さらに進むと、左手に巨大イオン(福岡東店)。

するとここで歩道は、ちょっとした憩いの広場みたいになっています。これがイオンパワーなのか!!

と思ったら、そんなことはなくて、【勝田線】の『御手洗駅』跡でした。

ベンチがあるので小休憩。今回はここまでにします。散策気分で廃線を辿る、良いスタートが切れました。

次回は『上亀山駅』そして『志免駅』くらいまで進めるといいね。

次の記事はこちらからどぞ!


【JR吉塚駅】

福岡市博多区吉塚本町13−28