馬で上手いこと言いたい【宇賀神社】

福岡市中央区大宮に鎮座する【宇賀神社】を訪ねました。

交通量の多い高宮通り沿いに、ちらっと見える赤い鳥居(五の鳥居)。

ビルディングに挟まれた「黒田稲荷参道」(わりと長い)をしばらく進むと↓

【宇賀神社】が見えてきます。↓

西鉄電車の高架下より、いいムードを漂わせて【宇賀神社】を見つめる私。↓

「西鉄平尾駅」からは、歩いて5分くらいのキョリです。

神社の隣りには「高宮公民館」そして「一本木公園」があって

キッズの叫び声が境内に響きわたっていました。

入り口にあった由来書きによりますと↓

ご祭神は「倉稲魂命(うかのみたまのみこと)」。

この場所はかつて一本木という地名だったことから「一本木神社」とよばれていたり、また

福岡藩藩主黒田継高が五殻豊穣を祈って造営したという由来から「黒田稲荷」とよばれていたりするんだそうです。

のらちゃんが入らないように、開け閉めに注意。↓

拝殿をのぞくと、どでかい馬の人形。この馬形は約2mほどもあり、梁に掲げられていて↓

老朽化のために、2016年に修復されたとのこと。

ちなみに、この馬形は博多祇園山笠の飾り山と同じ手法で作られているのだそう。

帰ろうとしたら、噂の「のらちゃん」を発見。話しかけても完全に無視!!↓

【宇賀神社】

福岡市中央区大宮2丁目2