御手洗駅から上亀山駅まで辿ってみた【勝田線2/5】

前回、かつて存在した【勝田線】の跡を辿って『吉塚駅』から『御手洗駅』まで歩いてきました。

今回は第2回目。ここ『御手洗駅』からの出発です。福岡県糟屋郡志免町。

かつての廃線の跡は現在、遊歩道として整備され、とても快適に辿っていくことができます。

逆を言えば、もっと刺激が欲しくなるんですけど!!これは贅沢な悩みですね。

さて、次の『上亀山駅』を目指して先へ進みましょう。

しばらくはひたすら真っ直ぐです。快適な遊歩道時間を楽しみます。

たまには道路を横切ったり。

こちらの551号線は大きな通りですので

交差点まで迂回が必要。

通りを渡ると、志免緑道の文字。

バス停に『亀山』と書いてありますね。もうすぐっぽいです。

さらにズンズン行くと、なにやら駅の跡のような景色。

と思いきや、も少し先の

こちらが『上亀山駅』跡でした。ひっかけ問題すな。自分に喝をいれます。

念のため、お掃除中の男子に尋ねてみると(ありがとうございました)、やはり正解でした。

現在は「上亀山駅跡公園」として活用されています。かつての痕跡なんかはさっぱり分かりませんでした。



この調子で、次の『志免駅』跡を目指します。
こちらは以前の記事→人に例えるならいぶし銀【旧志免鉱業所】で訪問済。

こういう屋根付きアトラクションや

アートを楽しみながら

進んでいくのです。

こういう道端の石碑っていうんですか。これも名残なのかしら。分からん。

かつての【勝田線】もこの小川を渡ったことでしょう。

ここで県道24号に突き当たりました。交通量の多い通りです。

今回はここまで。

確かに【勝田線】は現実にあったわけですが、時代の流れとともにその痕跡や空気はどこかへ消え去ってしまったのか。それとも…。
まあ私の見落としすな。

次回はもっと頑張ります!!

第1回目の記事はこちらからです。
次回の記事はこちらだお!!


【上亀山駅跡公園】

福岡県糟屋郡志免町別府1丁目21−25