御手洗駅から上亀山駅まで辿ってみた【勝田線2/5】

前回、かつて存在した【勝田線】の跡を辿って『吉塚駅』から『御手洗駅(跡)』まで歩いてきました。
(→吉塚駅から御手洗駅まで辿ってみた

今回はその続きです。つまり福岡県糟屋郡志免町の『御手洗駅(跡)』からの出発。

かつての廃線の跡は現在、遊歩道として整備されていて、とても快適に辿っていくことができます。

では次の『上亀山駅』を目指して先へ進むことにしましょう。

しばらくはひたすら真っ直ぐ。快適な遊歩道時間を楽しむ私。

それでもたまには、道路を横切ったりね。

こちらの551号線は大きな通りですので

交差点まで迂回が必要。そんなこともたびたびあるよ。

通りを渡ると、『志免緑道』。

バス停には『亀山』という地名が書いてあります。次の駅はもうすぐでしょうね。↓

さらにズンズン進んでいくと、駅の跡のような、そんな雰囲気。

と思いきや、もう少し先の

こちらが『上亀山駅』の跡。これはひっかけ問題だと、自分に喝をいれる私。↓

念のため、お掃除系男子に尋ねてみると(ありがとうございました)、やはり正解のよう。↓

現在は『上亀山駅跡公園』として活用されているみたい。



ですが、かつての痕跡を見つけることは出来ませんでした。こういうのはそうなのかどうなのか。↓

『上亀山駅』をあとにして、次の『志免駅』跡を目指すことにします。(→人に例えるならいぶし銀【旧志免鉱業所】

遊歩道のこういう屋根付きアトラクションや

アートを楽しみながら

先へと進んでいきます。

道端の石碑っていうんですか。これも名残なんですか。「志免」と書いてあります。

そして、かつての【勝田線】もこんな小さな川を渡ったとか!?はみ出るよね。むしろ浮いちゃうか。

そうこうしているうちに県道24号に突き当たりました。ここは交通量のとても多い大きな通りです。

そして今回はここでお開きにしたいと思います。

確かに【勝田線】は現実にあったわけですが、時代の流れとともにその痕跡や空気はどこかへ消え去ってしまったのか。見落としてるんだろうなあ。

続きはこちら!(→上亀山駅から志免駅まで辿ってみた


【上亀山駅跡公園】

福岡県糟屋郡志免町別府1丁目21-25