ご対面してからがスタートな宝蔵【観世音寺03】

前回の続きです。(→会えないうちが一番楽しい梵鐘【観世音寺02】

私は福岡県太宰府市の【観世音寺】を訪ねたけれど、「日本最古の梵鐘」とのご対面は失敗に終わりました。↓

でもね、これから【宝蔵】を見学するので、心的ダメージははっきりいってゼロに近い!!

でも、【宝蔵】もまさかの閉館中だったら、心的ダメージは計り知れない!!↓

ということで、奥へ進むと案内が出ていて↓

こちらの立派な建物が【宝蔵】。↓

【観世音寺】の講堂にはかつて巨大な仏像が並んでいたけれど、数々の被災から守るべく、1959年に正倉院風の建築物である【宝蔵】が造られ↓

仏像はそこへ収蔵されることになったということだそう。↓

近くまで寄って、入り口までは写真を撮ることができるけど、館内は撮影禁止。

まず靴を脱いで1階フロアでチケット(拝観料)500円を購入。1階の階段そばには【観世音寺】の絵図がありました。

そして階段をのぼった2階には、巨大仏像が並んでいるというわけです。ここには、平安時代から鎌倉時代にかけての仏像18体のうち16体が安置されているとのこと。

さて、私が2階フロアに着くと、ちょうど音声ガイドが流れ始めたんですが、どこから見て良いのか分からない。

すると「こっちこっち」とか言って、親切カップルが教えてくれました。サンキュー、カップル。

つまり入ってすぐの仏像から時計回りに見学していく流れ。みんなも気を付けてね。

フロア全体に仏像が並び、お香が室内の雰囲気を盛り上げます。音声ガイドも詳しくて良かったんですが。私はいまいち分かってないのだ!!

そこで、書籍『観世音寺の歴史と文化財』と『福岡県の仏像』を参照して、仏像に関するお話を引用しつつ、私のお洒落なイラストを添えて見ていきたいです。↓

「木造地蔵菩薩立像」。↓

10世紀頃の樟材の一木造り。全ての衆生の苦を取り除くため、僧侶の姿で歩き回り衆生を救う。

「木造毘沙門天立像」。↓

樟材の一木造り。甲冑で身を固め、地天と称する女神に支えられている。左右にニ鬼が従っている。

「木造地蔵菩薩半跏像」。↓

樟材の一木造り。11世紀頃の作。岩座に座り左足を下げてゆったり座っている。半跏像。

「木造十一面観音立像」。↓

頭上に十一あるいは十の顔を持っている。桧材の寄木造り。

「木造聖観音坐像」。↓

桧材の寄木造り。長らく講堂主尊であった。1066年の造像。体内に僧や大宰府の官人とみられる人名がある。

「木造十一面観音立像」。↓

頭部に十一面をつける観音。数多い明晰な頭で衆生を救ってくれる。

「木造馬頭観音立像」。↓

桧材の寄木造り。頭上に馬頭。忿怒の相、八本の腕。はげしい怒りによって人々を苦しみから救う。

「木造不空羂索観音立像」。↓

樟材の寄木造り。三眼、八本の腕。不空とは大慈の心で衆生を残らず救済するという意味。

「木造阿弥陀如来坐像」。↓

樟材の寄木造り。平安時代後期のもの。極楽浄土で往生者を迎える仏。

「木造四天王立像」。↓

阿弥陀如来座像に随侍する四天王像。持国天、広目天、増長天、多聞天。いずれも桧材の一木造り。

「木造大黒天像立像」。↓

樟材の一木造り。本来、大黒天は戦いの神。11世紀の造像。日本に現存する最古の大黒天像で、最大の古像でもある。

「木造十一面観音立像」。↓

桧材の一木造り。鎌倉時代の再興像。

「木造吉祥天立像」。↓

桧材の寄木造り。唐服を着けた貴婦人の姿の吉祥天は福徳の女神。吉祥天の古像としては我が国最大。

以上で、ホールに立ち並ぶ仏像の紹介はおしまい。私のイラストに惑わされることなく、ぜひ実物とご対面していただきたいです。

ほんと感動しましたよ、まじまじ。宝蔵には他にも「舞楽面」という、舞楽に使われた面も収蔵されていました。



【観世音寺】

福岡県太宰府市観世音寺5丁目6-1