都府樓纔看瓦色  観音寺只聴鐘聲【榎社】

大宰府政庁跡から南へ下ります。↓

御笠川にかかる都府楼橋を渡っても↓

まだ進みます。↓

国道3号線を横切っても、もちょっと進みます。↓

筑陽学園高校を通り過ぎた先に鎮座するのが↓

【榎社】。太宰府天満宮境内飛地であり、『大宰府の南館』の跡です。↓

菅原道真は、左大臣の藤原時平による政略で右大臣の職を解かれ、大宰権帥として大宰府の地へ左遷されました。

903年に亡くなるまでの2年間をこの居館で謫居されたといわれています。
朽ち果てた館での暮らしは生活に困窮し悲惨だったとか。

失意のうちに亡くなった道真の亡骸は、牛車に乗せて運ばれました。道中で牛が座り込んでしまい、その地に埋葬されました。現在の太宰府八幡宮です。

では境内へ向かいましょう。↓

【榎社】は1023年に大宰大弐の藤原惟憲が、道真の霊を弔うために『浄妙院』を建立したのが始まり。

榎の大樹があったことから『榎寺』そして現在は【榎社】とよばれています。

狛犬。↓

拝殿。↓

こちらは『浄妙尼社』。道真公の世話をしたとされる老婆を祀る祠。↓

道真公の日々の暮らしをなにかと助け、あるとき食事として差し出した「梅の枝に添えた餅」は『梅が枝餅』の起源とされています。

9月に行われている神幸式大祭はその浄妙尼にお礼をするお祭りだそうで

道真公の御神霊が「御旅所」である【榎社】に神幸され、一夜を過ごされたあと天満宮本殿へ還御される

とのこと。↓

また『浄妙尼社』のそばには『紅姫の供養塔』が。↓

道真公は、大宰府左遷の際に隈麿と紅姫という二人の子を伴って下りました。↓

が、弟の隈麿は病で亡くなってしまいます。また姉の紅姫の行方は定かでは無いそうです。

悲しい道真公のサダメとは反対に、境内にはゆったりとした空気が流れ平和そのもの。

他にもいくつかの歌碑や石碑なんかがあって↓

すぐ目の前には西鉄大牟田線の電車が走っています↓

踏切があって↓

その踏切近くに、石がいくつか並んでいる。↓

こちらは『鶴の墓』というらしく

かつて、匠が木で鶴の彫刻を作り、乗ってみるとあれよあれよと中国まで飛んで行ってしまった。唐の人に矢で射られてしまい、なんとか力を振り絞って飛んだけれど、この地で力尽きてしまった。

そんな言い伝えがあるそうです。飛び梅のお話みたいなお話ですね。なにか関係あるのかな。

では最後に、道真公が大宰府での暮らしをつづった漢詩集「菅家後集」の中から、『不出門』をどぞ。

一從謫居就柴荊 萬死兢々跼蹐情
都府樓纔看瓦色 観音寺只聴鐘聲
中懐好逐孤雲去 外物相逢満月迎
此地雖身無検繋 何為寸歩出門行


【榎社】

福岡県太宰府市朱雀6-18-1



data-full-width-responsive=”false”