惜しげもなく使われている【亀山八幡宮】【亀山古墳】

先日、【勝田線】を辿っている道中で偶然見つけた【亀山八幡宮】を訪ねてみました。↓

糟屋郡志免町にある『上亀山駅跡公園』のすぐそば。(→御手洗駅から上亀山駅まで辿ってみた【勝田線2/5】

位置関係はこんな具合。近いね。↓

福岡太宰府線の通り沿いに一の鳥居があって↓

参道を進むと

大きな森。鎮守の杜。

そしてこちらがニの鳥居。↓

この森の上に【亀山八幡宮】が鎮座しています。↓

ご祭神は「仲哀天皇」「応神天皇」「神功皇后」「玉依姫命」。

こちらが社殿。

創建などは不明で、もともとは「別府村」そして「御手洗村(神功皇后が手を洗ったことから名前がついた)」の産土神(その土地で産まれた人の守護神)だったとのこと。

社殿の裏側は『亀山八幡宮の森』。ここには珍しい『ヤマモガシ』の大木があるそうです。どれだか分からないけど、自然が溢れている!!

また境内には、弥生時代終わりのものとされる【亀山古墳】があります。

大型石棺が見つかった円墳1基(1号墳)と、他に石棺墓6基で構成されているらしい。

古墳と神社が同じ場所!?このパターンは、以前訪ねた那珂八幡宮パターン。

こちらの円墳(1号墳)の石棺は、直径約13m高さ約2mで、日本最大級の箱式石棺墓とのこと。↓

大きな特徴として、石棺墓の内側部分がすべて【惜しげもなく】朱で塗られている。それはつまり権力の象徴。

実際、粕屋平野を治めていた豪族のお墓だと考えられているみたい。

円墳(1号墳)の入り口です。脇に朱っぽい部分が見える気がする!!↓

こちらは別の石棺墓で↓

境内には他にも、境内社の『厄神』や↓

『宝満神社』も祀られています。↓

なんてったって、朱色ってのがいいね。華やか。お墓に入っててもしんみりしないし。

そして、この朱色というのは赤色硫化水銀なんだそう。(分かってない)


【亀山八幡宮】

福岡県糟屋郡志免町別府2-98-2