コロ方式がなんのことだか分からない【福岡縣護国神社】

福岡市中央区赤坂の「けやき通り」を抜けて

【福岡縣護国神社】を訪ねました。

『大濠公園』や『福岡城跡』、『福岡市美術館』からほんのすぐそば。
(→行ってそうで行ってなさそう【福岡城跡堀石垣/福岡城01】

通りの向かいには福岡出身者初の首相「廣田弘毅」が睨みをきかせて立っています。↓

何度も訪れていますが、今回はずいぶん久しぶり。

こちらの大きな鳥居をくぐって境内へ。



鳥居の高さは13m、柱の直径は160cm。↓

ヒノキの大鳥居として知られ、木製の鳥居としては日本屈指の大きさを誇るといいます。

台湾(阿里山)で切り出されたヒノキを、博多港から綱引きとコロ方式で児童が運び、原木のまま鳥居の柱として建立したのだそう。
護国神社HP福岡市中央区HP参照)

で、「コロ方式」とはコロコロ転がすってことでしょうか!?私は分かりません。

さて、鳥居を抜けると緑で覆われた鎮守の杜。

この場所はかつて福岡城外練兵場だったとのこと。↓

こちらに手水舎があって↓

社殿前の鳥居。↓

鳥居前右手には『平和の像』があります。戦没者慰霊の像。↓

おや、男の子は手を繋いでないな。反抗期かしら。そして狛犬。↓

この鳥居のずうっと先に鎮座するのが【福岡縣護国神社】。↓

案内板やHP、wikipediaの福岡縣護国神社の項を参照しますと↓

明治維新から太平洋戦争までの国難に殉じた、福岡に関わる戦没者約13万柱を祀る神社。
ご祭神はその英霊の方々。
厄払い・交通安全・安産・家内安全・入試合格・商売繁盛と、さまざまなご利益があるそうです。

また

創建は明治元年(1868年)。福岡藩主の黒田長知が戊辰戦争殉じた藩士を祀るために『妙見招魂社(那珂郡堅粕村)』と『馬出招魂社(馬出村)』を建立したのが始め。
1906年に二社を合祀して『妙見馬出招魂社』に。1938年に改称し『福岡招魂社』に、1939年に『福岡護國神社』に改称。1943年に現在地に遷座、県内の他の4つの護国神社も統合して『福岡縣護國神社』に改称。
第2次世界大戦時は『正中宮』と称していたけれど、1957年に元の『福岡縣護國神社』になりました。また、1945年に社殿は焼けてしまったけれど、1963年に新築されました。

とのこと。

広い境内に参道が真っ直ぐのびています。気持ちいい!!

拝殿で↓

左には祈願殿。↓

境内右手にあるこちらは『招魂社鳥居』。↓

【福岡縣護国神社】が『福岡招魂社』であったときの鳥居ということ!?↓

そばの脇の道を進んでいくと、こちらは別府橋通り沿いの鳥居。↓

そして通りの向こうには『菊池霊社』が鎮座。
(→首が落ちたり胴が落ちたり2/2【菊池霊社(首塚)】

また、境内左手の隅には『特攻勇士の像』もそっと立っていましたよ。↓

では、境内をちょっと散策してみましょう。

少し歩くと境内社の【掘出稲荷神社】。(→お兄さん、見つかりましたよ!?【掘出稲荷神社】【祐徳稲荷大明神】

さらに奥へ進むと、こちらは西側入り口の鳥居。↓

創建時に県民延べ15万人の勤労奉仕と3000本の献木で造成された人口の杜で喧噪とはかけ離れた、静寂の中にも清々しい雰囲気を醸し出しています。(護国神社HPより引用)

ひんやり静かな杜の中。野犬なんかが出て危ない時代もあったそうですが、今は平和そのもの。ザ・平和って感じ。


【福岡縣護国神社】

福岡市中央区六本松1-1-1