道真公は急斜面でも大丈夫みたい【神松寺老松神社】

先日、福岡市城南区に鎮座する【老松神社】をたまたま訪ねましたよ。

というのも、なんですけどね。「油山観光道路」を通っていて↓

そして樋井川に架かる長尾新橋を渡っていたら、こんな景色に出合ったんです。↓

あらステキとか思って、他にもなにか発見したい欲望が目覚めてしまったのだ。

そこで、辺りをキョロキョロ見廻しながら通りを進んでいたら

この御陵橋の交差点を曲がった先に↓

たまたま神社を見つけたっていう次第でござる。↓

この通りの突き当りに階段が見えるでしょう。その上に鎮座しているみたい。だから、こちらの御陵橋を渡って↓

近寄ります。↓

突然振り返る私。この通りが参道ということですよね。↓

そしてさらに近寄るとこういう具合。↓

階段前に案内板がありましたので↓

読んでみます。↓

ご祭神は「菅原神(天神)」そして「老松」。道真公が都から大宰府へ下る途中、この地に立ち寄られました。

そして

創建は不明です。現在は薬師堂を残すのみだけど、『神松寺』が『承天寺』の和尚によって永享年中(1429年-1440年)に開基されました。この『神松寺』の寺号は「天神」の神そして「老松」の松に由来するとされています。

それはつまり

したがって『神松寺』の名前の元である【老松神社】の創建は、永享よりも古いものだと考えられます。また地名『神松寺』はお寺の名前が由来です。

とのこと。ここが良く分かりません。この地にお寺『神松寺』が開基しました。でも、それより前に【老松神社】がこの地にあった。

つまりもともとあった【老松神社】の境内に『神松寺』が開基されたということ!?違う!?それよりこの階段!!

なにか書いてあって↓

こっちにも。↓

ふーん、煽るじゃん!?試されてる系!?では私、帰ります。↓

とはいかないんだな。↓

全力な私。↓

振り返る私。↓

そんなこんなで到着です。↓

境内に不思議な建築物。神松寺のなにか的な!?↓

拝殿。↓

中をちらっと。↓

本殿。↓

色々と分からないこともあるんだけど↓

分からないことは分からないまま系の私です。こんにちわ。

一番分からないのは、なんで道真公はこの急斜面の地に寄ったの!?ってことなんですけど。

別に寄りたかったら寄ったって良いじゃんねえ。


【神松寺老松神社】

福岡市城南区神松寺1-4-9