16ビートで山登ってみた【岩門城跡】

前回から続きます。(→映える隙がまったくなかった【高津神社】)↓

さて【高津神社】の社務所脇の階段から、【岩門城跡】の山頂を目指していきますよ。頑張ります。

約200mの山城。そして別名は【龍神山城】。あらかっこよ。

登りはじめはきつかったけれど、空気はきれいだし鳥のさえずりは聞こえるし、低い山だから気持ちも楽です。

ここでwikipediaの岩門城の項を参照してみます。

【岩門城跡】は、その築城の詳細は不明。古くは、平安時代に「安徳天皇」が岩門に滞在された際、その警備のために「大蔵種光」が築城したという言い伝えがあります。

鎌倉時代の元寇では、太宰府を守る重要な拠点となりました。少弐氏の居城だったけれど、幕府の内乱(霜月騒動)の影響による少弐家の家督争い(岩門合戦)において、「少弐景資」は兄の「経資」に攻められてこの城で自刃したのでした。

その後、城主は変遷しますが、豊臣秀吉の九州征伐の時期に廃城となりました。

おや!?あれは井戸的な!?なんでしょうか。↓

誰もいない山の中。日ごろの想いをラップにのせて歌ってみます。

道中には案内のノボリが立っているので、道に迷うことなく歌うことができる。

ですが、たまに急な上り道なんかが現れると、つい歌声も途切れがち。リリックにも影響が出る。

『三の曲輪(くるわ)』という案内板があらわれました。↓

説明板がなくなっていたので、私が以前訪れた時の写真も合わせてどぞ!!

曲輪は郭(くるわ)とも書くそうで、これは「軍事的・政治的な意図を持って、削平・盛土された平面空間」のこと。

その先には『二の曲輪』。↓

こちら説明板。↓

そして今度は『堀切』という案内板。「外敵の侵入防止や遅延のために曲輪や集落の周囲や繋ぎの部分を、人工的に開削して溝(堀)するもの」だそうです。↓

上り坂に岩がごろごろっとあって↓

今度は『主郭』。
これは「日本の城の中核となる曲輪(くるわ)の名称である。「本丸」「一の曲輪」「本曲輪」「一の丸」とも称される。
中世の山城では、本丸に当たる「主郭」に大将が居する陣屋を置き、戦時や城に立て篭もるときは麓の館から「主郭」の陣屋に入って指揮を執った。」とのこと。↓

説明板。↓

この先には『北の曲輪』があって↓

展望台になっています。そうです。到着したんですよ。↓

ここにはベンチと説明板と

眼下に広がるこの絶景。

「安徳天皇」が滞在されたという仮の御所「安徳台」。日本書紀に記述がある用水路跡「裂田溝(さくたのうなで)」。遠くには「現人神社」。(→ここから始まるお【現人神社】

那珂川には歴史が詰まっています。

帰り道は、途中で分岐する場所があるので、気を付けて!!

しばらくすると池が見えてきました!!池!?↓

道間違えた!!やば!!

でも、それは別の登山道だったみたい。つまりスタート地点で見つけた、【高津神社】を通らない登山道。

とにもかくにも、スタート地点である【岩門城跡】登山口に無事戻ってきました。

登って下りて歌って1.5時間くらい。気軽に登れる山城は楽しかったです。

でもね、蚊と蜘蛛と蛇はガチ、これはほんとにガチよ。


【岩門城跡】

福岡県那珂川市大字山田