破れ車をブイブイいわし西へ東へ駆け巡る【箱崎車僧観音】

福岡市東区の箱崎地区に鎮座する『箱崎宮』の参道から「ふれあい通り」に入ってそのまま真っすぐ進むと、通り沿いに【箱崎車僧観音】がそっと佇んでいます。

小さな通りの角ですし車の往来も激しいので

つい見過ごしてしまうかもしれません。

【箱崎車僧観音】そばには、「利休石」があるという『長性禅寺』があって↓

さらに少し歩けば

『網屋天神』もある、そんな場所。↓

ところで、名前にある「車僧」っていったいなんなの。なななんですか。なんなんななん。車の僧!?

そばに説明書きがありましたので、読んでみたいと思います。↓

「車僧」とは深山正虎禅師という人物のこと。京都の太秦や奈良の吉野でお寺を開きました。いつも破れ車に乗って、自由自在に行きたいところへ行くので、みなは【車僧(くるまぞう)】と呼びました。

700年前のことを平気で話していたので、700歳と云われました

700歳というのは、車僧が皆に700歳だと思われたのか、はたまた「700歳」というあだ名がついたのか、どっちの意味合いなのでしょう。多分あだ名かな。続きます。↓

博多の『承天寺』にて僧侶になりました。箱崎にやってきて、この地の松の木の上で坐禅をしました。その松の木は1875年に伐採されました。

「車僧」こと深山正虎禅師は観音様を熱心に信仰していたため、この場所に【車僧観音堂】が建てられました

こちら博多にある『承天寺』は、饂飩蕎麦発祥之地であり山笠発祥之地なのだそうです。↓

(※承天寺を訪ねたお話はこちらで!↓)

ところで、ふと思ったんですけど。「車僧」がチョイスした700年って数字が、なんとも絶妙な匙加減です。70年だとインパクトにかけるし7000年だとリアルじゃなさすぎます。

700年もあれっちゃあれですけど。

 

そして破れ車でブイブイいわすというね。あれ?おや!?これって!?今でいうと?

そう。これは今でいうロックスター。バンドでいうなら「セブンハンドレッズ」のボーカルで、のちにバンド休止からのソロ活動でしょう。


【箱崎車僧観音】

福岡市東区箱崎2丁目11-1