基本的なことくらい前もってって【大濠公園01】

先日、福岡市中央区にある『福岡市美術館』を訪ねましたので、そのお話です。

けやき通りを駆け抜けて

『護国神社』(↑)を通り過ぎると↓

廣田弘毅像が立っており↓

その先を右へと入っていきます。

すると左手に『日本庭園』があって↓

今日は休園日!!

そばに案内板がありましたので

とりあえず読んでみたいと思います。↓

この地はかつて博多湾の入り江で、黒田長政が福岡城を築城した際、入り江の北側を埋め立て、城の外濠としました。昭和2年に開かれた東亜勧業博覧会を機に公園造成工事を行い、昭和4年に大濠公園として開園しました

この『日本庭園』は↓

大濠公園開園50周年を記念して築庭、昭和59年に開園した築山林泉廻遊式の庭園です。敷地面積は1.2haです

ちなみに園内は↓

こんなオシャレな感じらしく↑、月曜日が休園日と書いてありました。

目的の『福岡市美術館』はこの庭園の真向かいにあって

すぐのところにウサギとベルのモチーフ!?がお出迎え。え?なにこれ。

帰ってネットで調べてみると

こちらはイギリス人彫刻家バリー・フラナガン氏による『三日月と鐘の上を跳ぶ野うさぎ1988』という作品だそう。

美術館入り口のほうへ周ってみると、こちらにも像があって↓

これは、ジャコモ・マンズー氏の『恋人たち』。お尻見えてますよ!!

さらにこちらにもアート作品が。↓

説明書きがありましたので↓

読んでみると↓

ナイジェリアのインカ・ショニバレCBE氏による『ウインド・スカルプチャー(SG)Ⅱ』

そしてとどめがこれ。

 

これもアート作品!?なわけもなく。↓

庭園が休みってことはひょっとして!?そんな一抹の不安が的中です。本日は休館日。

仕方がありません。でも悲しい。

せっかくですので、この大濠公園をぐるっと1周散策して

悲しい気持ちをまぎらわしたいと思います。こんにちは。

ちなみに、日を改めて、無事に美術館を訪ねましたので、ご心配は無用ですよ!?

それはともかく。まず【大濠公園】とはなんぞやと。先述の説明書きの補足として

読んでみます。↓

昭和4年に県営大濠公園として開園しました。総面積が約40万平方mあり、約20万平方mの池を有した全国有数の水景公園です。園内には日本庭園や能楽堂、野鳥の森などの施設があります

だそうです。それではさっそくぐるっと1周歩いてみましょう。次回から!↓


【福岡市美術館】

福岡市中央区大濠公園1-6