城なら城だと言ってほしかった【牛頸不動城跡】

8月ももう終わりですけど、まだまだ暑くてさすがにバテ気味です。

いやいや!ノーノー。そんなことではいけません!!と私は自分に気合を入れ直すべく、久しぶりに【牛頸ダム】を訪ねようと思い立ったのであった。



【牛頸ダム】へ行けば、ピリッと刺激的な出会いがあるかもしれない。(→気づいたら赤い靴履いてたわ【牛頸ダム】)↓

以前訪ねた時に、【牛頸ダム】にはドレスコードがあることを知りましたので、もちろん赤いものを身に着けないように気を付けました。↓

ではさっそく向かいます。福岡県大野城市の牛頸地区に鎮座する【平野神社】を通り過ぎて(→長い話、鼻だけに!!【牛頸平野神社】

そのまま真っ直ぐ「ダム記念道路」を進んでいると、通りの右側に案内板があるのを見つけたんです。↓

そこはちょうど平野台入口交差点の手前のところで、奥の方はまるで森のように、緑がこんもり繁っています。↓

近づいて読んでみると↓

こうありました。↓

不動城跡は、大野城市の南部である牛頸3丁目の通称「城の山」に残る戦国時代の山城。住宅地開発で部分的に削平。主要部分は保存され山頂に遺構が残ります。

そして↓

記録によると、筑前の戦国武将である秋月氏に従う、奈良原刑部少輔高助が城を築いた。その子孫は秀吉の九州攻めで討ち死。のちの研究によると、九州攻め当時は筑紫氏方の端城になっていたと判明。

とのこと。



上ってみたいな。でも通り沿いには、上り道が全く見当たりません。悲しみ。↓

とりあえず辺りをブラブラ歩いてみると、ちょうどこの交差点を右に入って↓

さらに右に曲がったとろに↓

ほら、公園を発見。↓

ここは「平野台さくら公園」というらしく↓

その園内奥には石碑があって、「衣振山跡地」と記されています。つまり「衣振山」が、通称「城の山」ということなのかな。いまいちよく分かりません。↓

また、石碑の裏には由来書きが記してあって↓

そこにはこういうことが書いてありました。↓

牛頸は6世紀の頃、窯の技術を持った渡来人が移り住み栄えました。そして中国の詩の一節から「衣振山」「足洗川」と名付けたといわれています。

さて、園内をさらに上ってみると、そこには遊具とあずま屋があったんだけど、お城の遺構だとか案内板なんかは特に見当たらなくて↓

そこで試しに上るんじゃなくて下ってみたら!!↓

あるんですねえ、隠し階段が。急だし暗いんだけど、頑張って上ってみました。↓

しばらくすると頂上部に到着。↓

ここでもやっぱり、遺構らしきものは見つけられなかったけど、あらあらステキな景色。標高93.3mらしいよ。↓

でね、眼下に広がる風景の、そのむこうのところに「牛頸浄水場」がチラ見えしましたので、帰りに寄ってみることにしました。↓

「牛頸浄水場」といえば、そうです。みんな大好き『胴ノ元古墳公園』!!(→楽しそうで寂しげだった【胴ノ元古墳公園】

ふーん、ちっとも変わってないじゃん、いい感じじゃんとか言って、そのまま家に帰ってカップラーメン食べてたんだけど↓

ダムのことすっかり忘れてたよ。でも元気100倍。


【牛頸不動城跡】

福岡県大野城市平野台1丁目4-13