ここにもまた伝承があるといふ【片男佐海岸】

前々回、私は小説『点と線』の聖地巡礼として、西鉄香椎駅から香椎の海岸まで歩いてみました。(→点と線をもう一度辿ってみた 【西鉄香椎駅】)↓

そのついでにってことで【かしいかえん】の入り口に行ったりもしました。(→入園するにはまだ早い気がしたから【かしいかえん】)↓

そして今回は、さらにその続き。『香椎海岸』のお話をしたいと思います。↓

『香椎海岸』は、まず小説【点と線】で犯行の舞台となったことで知られていますが、それ以外にも、実は古い伝承が隠されているっぽいんです。↓

書籍『福岡歴史がめ煮/東区編(空閑龍二)』の記事に興味深いことが記されていましたので、そこから参照させていただきたいと思います。↓

神功皇后が三韓遠征に備え、出陣を待ったという浜のことを、これまで『片男佐海岸』と呼んできました。神功皇后が御島で髪を濡らし、遠征吉凶を占い、また戻ってきた来た時の姿が頭だけ男装だったのでこの場所が「片男佐」と呼ばれるようになりました。

確かにここは御島崎という地名で、『香椎海岸』は『片男佐海岸』とも呼ばれている。さらに↓

神功皇后が吉凶を占った御島には、小さな鳥居と祠が残っています。

とのこと。つまり、ここは『神功皇后伝説』にまつわる場所であるということらしいんです。↓

「三韓遠征」にまつわる伝承は、東区名島の『名島海岸』にもありましたし(→神功皇后も秀吉も隆景も名島に集合【妙見島】)↓

ちょっと離れたところでは、小戸の海岸にもあった気がします。(→小戸ってみた01/02【小戸大神宮】)↓

でもね、伝承ですから、どれが正しいとかはないわけ。細かいことは言いっこなしといったところです。↓

さて、海岸沿いの遊歩道の奥には橋が架かっています。あいたか橋というらしい。↓

この橋を渡って、埋め立てで出来たこの入り江っていうんですか、この辺りをぐるっと廻ってみようと思います。↓

こういう風になっていて↓

ちらほら、ウォーキングやランニングの人が通り過ぎていきます。↓

あの辺りが『点と線』でいう犯行現場。↓

渡り終えて歩いていると↓

これが御島だというわけです。↓

こちらから見ると、もっと近いね。↓

手前には奇妙な遊具があって、ドーナツかよ!!

とか言ってたら、これは大変立派なイサム・ノグチのアート作品なのだそうです。↓

ぐるっと一周廻ってきたよ。↓

香椎川にかかるこの橋は、その名も「片男佐橋」。↓

というかですよ、この鳥居っていったいなんなんですか。



ずっと気になってるんです。↓

気になってるけど、ずっと気になったままなんです。↓


【片男佐海岸】

福岡市東区御島崎2丁目3-10