気づいたら赤い靴履いてたわ【牛頸ダム】

大野城市牛頸にある【牛頸ダム】へ行ってきました。

まず大野城市牛頸に鎮座する【牛頸平野神社】を起点に↓

その前を通る『ダム記念道路』に沿って、ゆるやかな坂道を【牛頸ダム】方面へ向かいます。↓

しばらく進むと、左手に『ホタルの里』が見えてきます。↓

ここには蛍の飼育場があるらしく↓

蛍の季節には観察ができたりするみたいです。↓

ねえ、ダムのサイレンには気を付けて!!お願いしますよ。↓

さらに上っていくと、『井出2号公園』。ここには広場と駐車場があるんだけど↓

寂寥感というか物憂げな雰囲気が辺りに漂っている気がします。こういう丘の感じとかね、わりと好きかも。↓

広場から、そのまま直接ダムのところへ上がっていくことはできないので、再び車道に戻ってダムを目指すことになる。↓

途中に小さな祠があったよ。『山の神』というんだそう。↓

急な坂道だったけど、無事にダムの、いわゆるザ・ダムって感じのところまで到着しました。↓

向こうに見えるのはたぶんダムの管理所。↓

そばの案内板によりますと、この【牛頸ダム】というのは、以前のダムでは力不足となったために造られたものだそうで↓

さらにwikipediaの牛頸ダムの項を参照してみると、こうありました。↓

周辺地域の洪水調節そして河川の流量維持(御笠川は流量が少なくたびたび枯渇していた)を主な目的に造られました。

時代の変化による、生活排水の流入増加もあり、根本的な河川整備が不可欠だったので、1972年にダム建設が計画され、21年の時を経て1991年にようやく完成。

堤高52.7mで、岩石や土砂を積み上げて建設する型式のロックフィルダムです。

では、ダムの「縁」っていうか橋みたいになってる部分を、向こうまで渡ってみることにします。



横から風が強く吹き付けるので、私は怖い。でも怖くない人には怖くないだろう。↓

橋の途中で見下ろしてみると、さっきの広場の様子はこんな景色で↓

その反対側には『大野貯水池』が広がっています。池を越えた向こうは『水辺公園』になっていて、キャンプとか楽しめるみたいよ。

橋を渡り切りました。橋の端。ここには『ダム記念公園』があって↓

園内には「記念碑」や「お宮」そして↓

巨大なタイヤも。これはいったいなに!?守り神的な!?緊急時にみんなで使う浮き輪的なものだろうか。

記念公園の隣には『大野城いこいの森中央公園』があって、こちらはたぶん裏側の出入り口。

ちらっとのぞいてみると、園内はアスレチックとかあって、一人でもわいわい楽しめそうです。↓

ところで、なんですけどね。ここ【牛頸ダム】は心霊スポットとして、とっても有名!!

【牛頸ダム】にまつわる噂は色々あるらしく、その中に↓

ダムに来るときに赤い服を着てるとやばい。ばりやばい。

そんな伝説があるみたい。

でもね、私は今日赤い靴を履いていたんだよ!!これはつまり、靴は服ではないということ。もしくは、幽霊にとって靴は重要視されていないということ。それな!!


【牛頸ダム】

福岡県大野城市牛頸