楽しそうで寂しげだった【胴ノ元古墳公園】

前回、福岡県大野城市の牛頸地区に鎮座する【平野神社】を訪ねたわけですが↓
(→長い話【牛頸平野神社】

その【平野神社】前を通る「春日の杜通り」から住宅地へと入っていった先に↓

【胴ノ元古墳公園】があるのであった。こんにちは。↓

さっそく園内に入ってみると、パンダやイルカがいてとっても賑やか。高まる!!↓

滑り台もあって、元気なちびっこなら一ヶ月くらい一人で遊んでられそうです。↓

また「古墳公園」という名にふさわしく、園内にはそれらしいモニュメントがあって↓

こちらは『円筒埴輪』というんだそうです。ダンベルみたいな形をしているね。↓

公園奥のほうを見てみると、こんもりと草に覆われた円錐形の物体があって↓

これが、古墳公園の由来である【胴ノ元古墳】を↓

復元したものなのだ!!え待って!?復元!?



というのも、もともとこの公園がある場所は、高さ14mの丘で、その頂上に【胴ノ元古墳】があったらしいんです。↓

だけど浄水場の造成工事で丘陵が削られ、古墳はこちらに造られた公園内に移築・復元されたという、そんな歴史があるのだ。↓

公園の裏側には、大きな「牛頸浄水場」の姿。↓

さて、こちら【胴ノ元古墳】は直径約11mの円墳。1400年前の古墳時代後期のもので、横穴式石室を備えていて

玄室(死者を安置する部分)からは、ガラス玉とか須恵器が出土したといいます。

では、そっと近づいてみますね。

開口部は草で見えづらいけど、なんとか発見。石室内には入ることが出来ません。

もともと、ここ牛頸の地は「牛頸窯跡群」と呼ばれ、数多くの須恵器が発掘されています。ここはそんな地域。↓

ですので、この古墳の被葬者は須恵器職人のリーダーではないかとも考えられているみたい。

古墳を覆う草がすごくて、近寄るのにもちょっと躊躇。でもね、帰る間際に園内を振り返ると、なんだかみんな寂しそうだったな。

また来るからね!!多分来ないけど!!(→城なら城だと言ってほしかった【牛頸不動城跡】


【胴ノ元古墳公園】

福岡県大野城市牛頸2丁目8