雰囲気マックス(01/02)【伊野天照皇大神宮】

先日、糟屋郡久山町の【伊野天照皇大神宮】を訪ねました。
読み方は「いのてんしょうこうだいじんぐう」。

「皇大神宮」というのは『伊勢神宮』のことなんだそうです。↓

通りをもう少し先へ進んでみると、大鳥居があって↓

そこからさらに進めば、橋が二つ架かっています。どちらも猪野川に架かっている。そしてこの最初の橋は↓

「かみのまえ橋」。橋の隣りには石碑があって「参道入り口」と書いてあります。↓

次の橋が「五十鈴橋」。橋の右を見ると、川沿いに駐車場が広がっています。↓

逆に左の脇へ入ってみると↓

なにやら石碑があって、『水取宮跡』と書いてある。↓

案内板がありますので、読んでみますね。↓

神功皇后が三韓遠征の際、皇后を守護した水を司る神を祀るために創建と伝えられています。かつて供日伝に建立されていたけれど、洪水の難があると宮園に移され、さらに元和7年(1617)にこの地に遷されました。現在は【伊野天照皇大神宮】に合祀されています。

また↓

猪野の村には、天照皇大神宮御伴井と水取宮神井の二つの井戸しかありませんでした。

つまり、ここは宮であり、かつ井戸でもあったということ”?なのでしょう。

遠くからみるとこういう感じで↓

すぐそばには大藤。↓

こちらは「延享5年(1748)の式年遷宮の際に参拝した黒田継高公が植栽したとされる。」とありました。↓

橋を渡り終えると、その突き当りに石段があります。↓

こちらはかわいい地図。赤線は私が書き加えたものです。みんな、ごめんね。↓

猪野川は、川遊びでにぎわったりもするそうですけど↓

くれぐれも気を付けて!!↓

また、ここは遠見岳登山口でもあるみたい。



では、境内へ向かいましょう。↓

【伊野天照皇大神宮】は「九州の伊勢」と呼ばれていて、神殿や建物の配置など『伊勢神宮』を模して造られたとのこと。

石段手前のこちらには↓

夫婦杉。↓

ご祭神は「天照大神」「手力雄神」「萬幡千々姫命」。

こちらの鳥居は、上から2つ目の横棒が貫通していないスタイル。「神明鳥居」というそうで、ちなみに貫通していると「明神鳥居」なのだとか。↓

社務所があって↓

でっかい欅からの↓

「岩井の滝」。岩井大僧正の寄付で造られたから「岩井の滝」。↓

さらに石段を上ると↓

狛犬!!ハロー!!

そしてようやく拝殿です。↓

今回はここまでで一休み。次回はこちらから、よろしくどうぞ!!


【伊野天照皇大神宮】

福岡県糟屋郡久山町猪野604