大水城の東端からハロー03/03【水城04】

前回までのあらすじ。(→大水城の東端からハロー02/03【水城04】)↓

私は、遠い昔に造られた防衛施設の跡「大水城跡」の、その一番東端を訪ねてみました。

その東端には現在【水城館】(休館中)があって、私はその【水城館】を起点に、そこから西へとのびる【水城跡】(の一部)をぐるっと1周廻ってみたのだった。

それでは再開しましょう。



この【水城館】は、四王寺山の山すそに位置しています。それはつまり、【水城館】の上はそのまま四王寺山へとつながっているということ。↓

どんな様子になっているのかちょっと見にいってみますか。↓

【水城館】のそばには階段があって↓

のぼっていくと↓

展望台が↓

たったらーん。↓

水城がまる見え!!↓

そしてここにも案内板。↓

薄く擦れているけど頑張って読んでみたい。↓

「水城」は大野城や基肄城とともに築造された防衛施設です。土塁はここ国分側の丘陵と、住宅街になっている正面の吉松丘陵との間の1.2キロを塞ぐように造られました。

また

正面に水城跡を眺めると、遠くに脊振山を望み、水城の中央付近を御笠川が流れ、鉄道・高速道路・国道が横切っていることがわかります。

ビューポイント。↓

あずまやとか↓

石碑があって↓

さらにのぼっていけるようですので↓

ちょっとね。↓

祠があったり↓

スニーカーは滑ってキケンキケン。おすすめしません。↓

でも、山道はきれいに整備してあって↓

ここで道は一区切りかな。↓

こっちが展望台ぽい。

案内板があって↓

「水城」は全長約1.2キロ。日本書紀には「筑紫に大堤を築きて、水を貯えしむ。名づけて水城という」との記述があります。

そしてこの景色。↓

このままのぼっていけば、きっと四王寺山のどこかへ辿り着くことでしょう。↓

ではそろそろ【水城(東端)】の見学はお開きにしたい。

でもね、水城を辿る旅は始まったばかりなのだ!!では、ごきげんよう。また会う日まで。


【水城館】

福岡県太宰府市国分2丁目17