それは特別史跡大野城へと踏み出す第一歩【大野城総合公園】

前回の続きです。↓

前回、福岡県大野城市の乙金地区にある【雉子ヶ尾古墳】を訪ねたわけですが↓

こちらの古墳の前方には九州縦貫自動車道が走っていて↓

そのさらに向こう側には【大城山】がそびえ立っているのであった。↓

その【大城山】が今回の目的地。↓

ではさっそく向かいましょう。自動車道高架下のトンネルをくぐり↓

左へ進むと↓

「またあいましょう」の看板があって、そこから右へ曲がる。↓

目の前の急な坂道をガンガン上っていくと↓

そこは「大野城総合公園」で↓

総合公園の奥には総合体育館があるんです。↓

その体育館裏手に、【大城山】の登山口があるらしく、地図で見るとこう!!赤のラインは私が書きましたよ!!↓

で、今回の【大城山】登山である。

 

「大野城歴史の散歩道」に沿って進んでいきたいと思います。最終的には『毘沙門堂』まで向かう予定です。↓

そばに「大野城」に関する説明書きがありましたので↓

読んでみると↓

四王寺山には特別史跡大野城跡があります。大野城は「日本書紀」に、天智天皇4年(665)に築城されたことが書かれています

そして↓

当時、朝鮮半島には高句麗、百済、新羅の3国があり、新羅は唐と連携し百済・高句麗を滅ぼそうとしました。日本(倭)は、百済救援のため援軍を出しますが、663年に百済の白村江で唐の水軍に大敗を喫す

そのため↓

敵の攻撃に備えて、水城とともに大野城・基肄城を築きました

こちらは体育館内に貼ってあった地図。時間で言えば30分くらいの登山のようです。↓

それでは出発。まず体育館の裏へ向かいます。↓

なんか、もうすでにこの場所が高所。↓

ぐいぐいと階段を上って↓

この道で合っている。↓

屋根付き階段から↓

もう一回振り返って。↓

そのまま進んでいくと↓

なんと、フェンスに鍵がかかっているう。しっかり施錠してるう。↓

果たして運命やいかに!!次回に続く!↓


【PR】ワイヤーロック ダイヤル式 TSA

【大野城総合公園】

福岡県大野城市乙金618-12