滑り台にはコツがいる【大野城いこいの森中央公園】

先日、久しぶりに『牛頸ダム』へ行こうと思い立ち↓

まだまだ暑い大野城市のダム記念道路をダム目指して突き進んだのだった。こんにちは。

通りがようやく終わる場所に案内が出ていて

迂回せよとかいっている。車だけ!?歩いている人も!?

勝手に入ってこっぴどく怒られても困るので、すぐそばに見つけた緑道を通っていくことにしました。

緑に囲まれて、逆に快適じゃんと思っていたら、後半辺りに急な階段が3連続で続いて(振り返ってみた景色)↓

もうダメだ一貫の終わりだってなった時、イカしたアトラクションが目の前に。途端にパワーみるみるが回復です。なにこれって不思議に思っていたら↓

ここは以前『ダム記念公園』(↓)を訪れた際に入り口を見つけていた、【大野城いこいの森中央公園】だったんです。

いつか訪ねてみたいと思っていたので、今回偶然だけどこうしてやって来れて良かった。↓

迂回して逆にツイてるっていうか、ノッてるっていうか、そういう気分。

それではまず、元々の目的地である『牛頸ダム』を先に見に行くことにします。

すぐ隣りには先述の『ダム記念公園』があり

ダムの縁っていうんですか、そういうところを渡っていきます。↓

向こうにはスポーツ公園があるらしく↓

また、こちらは『牛頸平野神社』が鎮座する(↓)方面で。↓

さっき迂回せよと言われたのが、あの辺り。↓

ではいよいよ【大野城いこいの森中央公園』へ向かいます。公園正面入り口から入ってみたいので、もう少し先へ進みます。

しばらく山道をのぼっていくと

入り口を発見。

ちなみにすぐ向いにあるこちらの林道からは

牛頸山登山が楽しめるようです。(徒歩のみ。詳細は事前に各自ご確認ください)

それでは入園のお時間。

入園料無料。駐車場は有料(220円現在)。

様子が分かりませんので、入り口からぐるりと園内を廻ってみることにします。

団体だったりファミリーだったり、多くの人が灼熱の公園を楽しんでいるみたい。暑いけど大丈夫そ?

「こちらの公園は市政20周年を記念して建設されました記念碑」。↓

いこいの森全体を示すマップ。↓

パットゴルフもあるようです。↓

そして大き目の遊具も。↓

こうして見ると公園はずいぶん高い場所にありますね。ダムのそばだし。↓

あらさっきの滑り台じゃん!↓

ちょうど誰もいないタイミングでしたので、こっそり滑ってみることに。わくわくどきどき。

注意書きに年齢制限の記載はありませんでした。だいぶ高齢だけど大丈夫じゃろうて。まかせて!

ちなみに隣りの遊具は

年齢制限があるので、だめでした。仕方ありません。そんなわけで

この滑り台を!実際に滑ってはみたけれど!こういうのは、お尻の下にダンボールが必須です。絶対に!!

敷物が無いと、えんえんとローラーでお尻を打ち付けられる苦行が続き、しかもガンガンに熱せられているから痛くて熱い。勘弁して。もう泣きそう。

進まないローラーを腕の筋肉でなんとか動かし、ようやっと下まで下りることが出来ました。

奮闘の様子です。ご参考に。↑

そのあと、私の様子を見てたのか見てないのか、親子が一組チャレンジしてました。あのさあ、私を反面教師にして!!頼む!

 

二人の悲しい姿を見たくないので、勇姿を見届けることなく去ったわけですが、上手くいってたらいいな。望む!↓

さて引き続き公園内を散策していきます。噴水があったり

こちらはトランポリンのような遊具。

山々を示す碑があって↓

こういう具合になっている。といったところで↓

ざっと一周歩き終えました。↓

そろそろ帰ってアイスが食べたい。たくさん食べたい。↓

ちなみに帰り道には、車用の迂回路を通ってみたんですが、それはもうばり遠かった。勘弁して。


【PR】君はいつも、迂回する (ことのは文庫)

【大野城いこいの森中央公園】

福岡県大野城市牛頸481-1