ういろうは食べる機会が少なくなくない【妙楽寺】

博多区御供所町にある【妙楽寺】を訪ねました。

つい先日【神屋宋湛屋敷跡】を訪ねた際に、博多の豪商「神屋宋湛」についてあれこれ知りましたので、【妙楽寺】のことが気になっていたんです。


(→博多文琳は日本半国の価値【神屋宋湛屋敷跡】

「聖福寺」を中心とした旧寺町。大博通りから一歩入った「御供所通り」沿いの↓

その「聖福寺」のそばに、【妙楽寺】の山門があります。↓

臨済宗の【石城山妙楽禅寺】。↓

案内板を読んでみます。↓

正和5年(1316)に博多湾岸の沖の浜に創建されました。遣明使が宿泊するなど重要な外交施設でもありました。その後戦乱によって荒廃しました。

慶長5年(1600)福岡藩主黒田長政の入国後、寺はこの地に移されました。博多の豪商「神屋宋湛」の墓が残ります。

とのこと。

では境内へ入ってみましょう。↓

境内入ってすぐに「唐石石門」があって↓

そして「開山堂」。こちらには【妙楽寺】を創建した月堂宗規和尚が祀られているそうで↓

また、江戸時代の医者であった「鷹取養巴」や、密貿易を行ったため処刑された博多の豪商であった「伊藤小左衛門夫妻」のお墓もありました。↓

境内図。↓

その先には墓地が広がっていて、黒田藩のお墓とともに↓

「神屋宗湛」のお墓も。↓

また、本堂そばには鐘楼が建っていて↓

本堂の隣には『ういろう伝来の地』の石碑。↓

いったいどんな由来があるのかしらとネットで調べてみると↓

中国の元で「礼部院外郎」という役職についていた陳延祐という医者が、亡命して【妙楽寺】へやってきました。彼は「陳外郎」と名乗り透頂香なる薬を作っていました。

将軍足利義満に献上し話題になったりしたそうです。のちにその秘伝を受け継いだ子孫が「外郎(ういろう)」として売り出したのでした。

この由来には諸説あるのだそうです。ところで、ういろうの味が思い出せん。


【妙楽寺】

福岡市博多区御供所町13-6