鯰石を見て物思いにふける我【鯰石】

筑紫野市二日市の「西鉄紫駅」から「筑紫野筑穂線」という通りに沿って歩きます。そして曙町のバス停から↓

住宅地に入っていく。

途中に紫児童公園があったり↓

うねった道を進んでいくと↓

巨石があって↓

ここは二日市北ってところ。↓

こちらが今日見にきた【鯰石】。ギュインってなってますね。↓

そして崖の上を見上げると、あそこにも岩があってあれも【鯰石】。↓

そして、細い通りのすぐ先に見えるのも【鯰石】。以上3点がみんな【鯰石】。↓

というかね、この3つはもともと1つだったらしいんです。

案内板が崖のところにあるので、読んでみます。↓

この巨石には言い伝えがあります。かつてこの辺りは葦が生い茂る沼でした。ある時に菅原道真公が通りかかりました。

道真公はいったいなぜここに!?で、話は続きます。↓

大鯰に道を塞がれたので、腰の刀で斬ったら、鯰は頭・胴体・尾の3つに分かれて飛び散り、石になったのです。

とのこと。

3つに分かれたんだから、2回斬ったってことでしょう。それが全部石になったと。

でね、wikipediaの大鯰の項を参照してみますと↓

大鯰っていうのは、昔は地震の原因だといわれていて、地中で大暴れする鯰を抑え込むのが要石という石。

そういう言い伝えが各地にあって日本書紀にも記述があるといいます。ここ二日市の大鯰は、自身が自身を抑え込む石になっちゃったっていうね、地震だけに!!

ちなみに、神功皇后のお話では、鯰は水先案内の役割だったんだよなあ。(→ナマズと神楽と不動明王【那珂川伏見神社】

閑話休題、なんですけど。この沼地で道真公はいったいなにをしていたのだろうか。

菅原道真公というのは、みなさんもご存じの通りで、都で謀略にあい、涙涙の左遷でこの地へ下ってきたわけです。

そして亡くなるまでの2年間を【榎社】にて困窮の中暮らしたのでした。(→都府樓纔看瓦色  観音寺只聴鐘聲【榎社】

その道真公が、元気に沼地で大鯰を3等分にカットしている!!

位置関係をいまいちど確認します。↓

で、私は推測します。これは天拝山への道すがらの出来事ではないか。

道真公は無実を訴え天に拝するために何度も天拝山へ登ったといいます。何度も通うと、たまにはコースを変えたくなって

今日はちょっと遠回りとか言ってたら、巨大鯰!!カット!!3等分!!みたいなね。

まあ全部私のデタラメなんだけどね。


【鯰石】

福岡県筑紫野市二日市北8-10