心霊スポットとかよばれて【米一丸地蔵尊】

福岡市東区の箱崎地区にある不思議な石塔が前から気になっていたんで、今回訪ねてみることにしました。赤い六角堂の中にあって、高さ4.2mの九重の塔。

どうやらこれは【米一丸地蔵尊】というものらしい。読み方は「よねいちまる」。

人の名前っぽいけど、いったいなんなんでしょう。なんなんなんですか。↓

ざっと調べてみると、どうやらこの石塔は、悲運に振り回された男その名も「米一丸」を供養するために建てられたものだそう。



じゃあその悲運とは!?詳しくみてみたいと思います。↓

時は鎌倉時代。主人公は駿河(現在の静岡県中部)に住む長者の息子「米一丸」。

文武に秀で見た目も麗しい20歳の青年。そして、美人と評判の八千代姫と結婚したばかり。

人生の絶頂を迎えているといっても過言ではない、そんな勢いがある。↓

ある日、米一丸は妻と一緒に、主人である一条殿のいる京へあいさつに向かいます。
すると一条殿は八千代姫(米一丸の妻)にひとめぼれ。どうにか自分のものにしてやろう、そんな熱い想いが芽生えたのでした。

だけど相手は人妻。さてどうしたものかと。そこで一条殿はピンとひらめきます。

米一丸、消しちゃえば良くない!?

そこで不穏な計画を思いついたのでした。↓

「博多に、とある名刀があるので、八千貫の金と引き換えてきてくれ」

と一条殿は米一丸に命じます。こうして博多へ向かわせといて、そこで米一丸を殺っちゃおうや!!これが一条殿の計画。もちろん裏ではしっかり博多の奉行に話をつけてあります。

長い船旅の末ようやく博多へ辿り着いた米一丸。無事に取引を終えて、一安心。

そこへ現れたのが博多の奉行たち。さっそく米一丸を酒盛りに誘います。

それはつまり米一丸を暗殺するために。

そうとは知らず酒に酔い眠ってしまった米一丸。外のざわめきにふと目を覚ますも、時すでに遅し。
四方を敵に包囲されていたのでした。

お供とともになんとか抵抗しますが、さすがの米一丸も数の力には勝てません。
じりじり逃れて、千代の松原(現在の箱崎)へ。

遂に為すすべもなく、米一丸は自害。
それからしばらく後、遊女の「村雲」もまた、米一丸の墓前で自害したのでした。

村雲!?え待って誰!?のことはさておき!計画は一条殿の狙い通りに進み大成功!!

かと思いきや!!からの!!なんと米一丸の妻「八千代姫」も博多へやってきて、米一丸の墓前で自害してしまったのでした。

これが物語の結末。誰一人幸せにならない悲しいお話です。そんな逸話を持つせいなのか、この『米一丸地蔵尊』近辺は心霊スポットの一つとしても知られている(いた)そうなんです。

場所が踏切のそばってこともあって、色々と良からぬ噂が絶えなかったとか。現在は、踏切があった場所は高架となり、心霊スポットとしての役割は終えたみたい。

そうなったらそうなったで、逆に寂しいとかさ、すぐそんなこと言ったり言わなかったり。

【米一丸地蔵尊】

福岡市東区箱崎6丁目6-2