心霊スポットと呼ばれて【米一丸地蔵尊】

0
心霊スポットと呼ばれて【米一丸地蔵尊】

箱崎に不思議な石塔を見つけました。
赤い六角堂の中にある、高さ4.2mの九重の塔。米一丸地蔵尊と呼ばれています。
「米一丸」の読み方はよねいちまる。いったいなんのためのものなのか。
これは、悲しいサダメに振り回された一人の男、米一丸を供養するために建てられた石塔なのです。

時は鎌倉時代。
主人公は駿河(現在の静岡県中部)に住む木嶋長者の息子である米一丸。文武に秀で、さらに見た目も麗しい20歳の青年です。
その上、美人で評判であった八千代姫と結婚したばかり。人生の絶頂を迎えていたわけです。うらやましい。

とある日、米一丸は妻と共に主人である一条殿へあいさつに京へ向かいます。
この一条殿、八千代姫にひとめぼれ。なんとか自分のものにしてやろうと決心したのでした。
けれど相手は人妻です。さてどうしたものか。
「もう殺っちゃうか」
そこで、とある計画を思いつくのでした。

「博多にある名刀があるので、それを八千貫の金で引き取ってきてくれ」
一条殿は米一丸にそう頼むのです。

米一郎を博多へ向かわせて、そこで殺っちまおう。これが一条殿の計画。博多の奉行にも話をつけてあります。

長い船旅の末、ようやく博多へ辿り着いた米一丸。
なんとか名刀の取引は上手くいき、一安心です。

するとそこへ現れた奉行。米一丸を歓待し、酒盛りに誘います。勿論、米一郎を暗殺するために。
眠ってしまった米一丸。外のざわめきに目を覚まします。すでに宿は敵に包囲されていたのでした。

お供とともになんとか抵抗するものの、武芸に達者な米一丸も数の力には勝てません。
逃れ逃れて、ここ千代の松原(現在の箱崎)へ。ついになすすべなく自害したのでした。
そしてしばらくした後、その米一丸の墓前で遊女の村雲もまた自害したのでした。

まあ、ここまでは一条殿の狙い通りです。は?村雲って誰!?というところもありますが、時代的にはありえる話なのでしょう。
その後が問題なのです。

米一丸の妻である八千代姫もまた、その四か月後に博多へやってきてしまいます。そして彼女もまた米一丸の墓前で自害してしまう。

え!?一条殿??そこは引き止めなきゃ。ここまでやっておいて最後の最後になぜ。

引き止められないほど、愛の力は強かったというオチでよかったのかもしれませんが。案外、一条殿も、もうどうでも良くなってたのかも。

とにかく誰一人幸せにならない悲しいお話です。

そんな逸話を持つせいか、この米一丸地蔵尊近辺は心霊スポットの一つとしても知られているそうなんです。

今でもまだ米一丸の無念が漂っているのでしょうか、踏み切りそばのこの場所では良からぬ噂が絶えなかったそうです。

でも、今は高架となり安心安全!!米一丸も安心安心!!

【米一丸】

福岡市東区箱崎6丁目6-2