鏡はちらっと見るくらいがいい【水鏡天満宮】

福岡市中央区の天神地区を貫く渡辺通りを北上し↓

交差する明治通りを中洲方面へと歩いていきます。走ってもいいけど。↓

ここ天神地区は福岡の中心地ともいえるくらい賑やかな街で↓

そんな街の名前『天神』の由来になったのが【水鏡天満宮】なんだそうです。

明治通りを進むと右手に「アクロス福岡」があって↓

その通りの向かいに【水鏡天満宮】が鎮座しています。↓

背の高いビルが建ち並ぶ通りの途中に、ぽつんと取り残されているような光景です。

通り沿い入り口そばに案内板がありましたので↓

まずは読んでみたいと思います。↓

はるか昔、菅原道真公は大宰府へ左遷されることになり、博多港へと辿り着きました。そこからさらに南下して大宰府を目指すわけです。

その道すがら、四十川(今の薬院新川)の水面に映る自分の姿を見て、道真公はひどく落胆したといいます。

おや!以前に、とても似たお話を聞いたことがありますね。(→鏡見たら泣けてくる【衣掛天満宮】

しばらくして道真公は大宰府の地で亡くなり、四十川のとある場所(今の今泉)に【容見(すがたみ)天神】が建立されたのでした。

それからのち1612年のこと。黒田長政が福岡城を築城する際、鬼門となる場所に鬼門除けとしてその【容見天神】を遷座し、黒田忠之が社殿を再建。それが現在の【水鏡神社(天満宮)】である。

とのこと。この地にはもともと「地福寺」があったみたいですが、実際どうなんでしょう。分かりません。
(→なんか怒りが限界突破してた【浄念寺】

ちなみに【水鏡天満宮】鳥居の扁額は、広田弘毅(福岡出身者初の総理大臣)が小学生の時に揮毫したものだそうです。↓(→コロ方式がなんのことだか分からない【福岡縣護国神社】

それでは鳥居をくぐって境内へ。『天満宮』ということもあって、ご祭神は「菅原道真公」。

こちら神門。↓

手水舎があって↓

ナデナデ撫で牛。↓

鶯の石像。幸運を招く守り神。↓

狛犬。いかついね!!↓

社殿。↓

社殿裏には境内社の『荒木田稲荷神社』。↓

こちらは『末社合祀殿』。「大黒社」「秋葉社」「金刀比羅社」「宮地嶽社」。↓

石碑なんかもあって↓

ご神木。↓

また【水鏡天満宮】を出た脇のところには、飲食店が立ち並ぶ小さな路地『博多名物うまかもん通り』があって↓

そこを奥まで進んでみると鳥居(北側)がある。つまりここは参道ってこと!?↓

さらにその北の鳥居の隣りには、辰野金吾で知られる「赤煉瓦文化会館」。↓

さてさて。以上で神社散策はおしまいなんだけど、ちょっと場所を移動したいと思います。福岡市中央区の薬院地区までひとっ飛びします。エイッ。

こちら薬院の『姿見橋西』の交差点前には↓

先述した薬院新川(四十川)に『姿見橋』が架かっているのであった。↓

そこで道真公の真似をして水面に自分の姿を映してみましたよ。



やっぱり私も落胆するだろうと思ったけど、さすがに泣きはしません。ぼやけてたんで!!セーフ!!

交差点から少し路地へ入っていくと↓

通りの片隅に『容見天神故址』の石碑がありました。↓

っていうか軒先!?失礼しました。


【水鏡天満宮】

福岡市中央区天神1-15-4

【姿見橋】

福岡市中央区薬院1丁目2



data-full-width-responsive=”false”