なんか怒りが限界突破してた【浄念寺】

中央区大手門にある【浄念寺】を訪ねました。

昭和通り沿いにあって、こちらが入り口で↓

向かいの通りはこんな感じ。旧唐津街道。↓

参道を進んだ先に本堂があります。↓

境内には、石仏や石塔↓

「餓死供養塔」。↓享保の大飢饉で亡くなった方を供養する石碑です。

こちらの境内には戦時中、大型防空壕が掘られていたのだそう。(参考図書:『福岡の戦争遺跡を歩く』)



data-full-width-responsive=”false”

本堂そばにあるこちらは↓

空誉(くうよ)上人を祀る『空誉堂』です。↓

中には「空誉上人之塔」。そして由緒書きが。さっそく読んでみます。↓

空誉上人は明石の名僧。黒田如水(官兵衛)に従事し「合元寺」の開基となりました。そしてのちに「地福寺」を建立し開基となりました。地福寺には水鏡天満宮を勧請し、鎮守としました。

ある時に事件が起こります。

黒田家の重臣である後藤又兵衛基次が福岡城から豊臣方(大阪城)へ去ってしまいました。
黒田藩は徳川幕府から疑いをかけられたため、又兵衛を召還させるべく空誉上人を派遣。失敗。
2代目藩主の黒田忠之は、これは空誉上人が又兵衛をそそのかしたものとして「地福寺」で捕まえるや須崎の浜で背中を割き、そこへ熱鉛を流し込んで処刑したのです。
死体はその場に捨て置かれました。

そこへ浄念寺を開基した『桂空舜道上人』が。

師弟である桂空舜道上人が亡骸の引き取りを求めたが許されず。意を決して夜中に浜へ忍び込み、背中に背負って連れ帰り埋葬しました。
藩からの追及も特になく月日が流れ、小さな祠を建てて皆で祀ったのでした。
空誉上人の処刑場所は県庁舎裏。舎内にて霊夢を感じる人がいたので、そこに小さな祠を建てたのでした。

とのこと。昭和33年の碑ですので、記載にある県庁舎の場所は現在の天神中央公園です。



data-full-width-responsive=”false”

実際に訪ねてみると↓

公園の隅っこのところに(南側の噴水広場裏)↓

たしかに『福岡藩形場跡』の碑が建っています。↓

ですが!!だけど!!説明板には
「ここはかつて福岡城の外濠だったから、仕置き場は違う場所かも!?」という記載も。↓

いずれにしてもですよ!!さすがに忠之怒り過ぎ!!怒怒怒怒怒。
処罰の仕方も残忍です。見せしめって意味もあったのかな。

ところで、この空誉上人のお話には諸説あるようで。

福岡市中央区のHPには、もう一つの説が掲載されています。
それは「安養院」という場所にまつわるみたい。そのお話はまた次回に。


【浄念寺】

福岡市中央区大手門2-2-6

【天神中央公園】

福岡市中央区天神1丁目1