あと一層のところで力尽きた結果【油山観音03】

前回の続きです。↓

前回はといいますと、福岡市城南区にある【油山観音】の山門をくぐり↓

その足で『両烈士 自刃の碑』を訪ねました。↓

そうしてそこからさらに山道を進んで、『油谷』と呼ばれる場所へもちらっと寄ってみたのでした。こんにちは。↓

今回はといいますと、いよいよようやっと!【油山観音】境内へお邪魔したいと思います。↓

緑の中を続く石の小路を歩いていきますよ。↓

そしていくつかある石段を上った先に↓

説明書きが立っていましたので↓

まずはこちらを読んでみたいと思います。↓

新羅式石門。黒田忠之公建立の桜門跡に、明治23年(1890)、古代朝鮮から渡来した石門造の技法で建立されています。この石門は一人の修行僧が造ったもの。本来三層の屋根が二層になっているのは、建造中に力尽きたその結果

とのこと。ん?元々桜門があった跡の場所に、あらたに建てられたのが新羅式石門ということのよう。じゃあ桜門はどうなっちゃったの。深まる謎はさておきまして、こちらが『新羅式石門』である。↓

三層だけど力尽きて二層まで。↓

石段は右側からも上れるんだけど↓

せっかくですので、石門をくぐって上りましょう。↓

ちなみに右側石段先の碑には↓

『不許葷酒入山門』と記されています。どういう意味だか良く分かりません。お酒を飲んで山門を入っちゃだめ!ってこと!?ちなみに「葷」とは匂いの強い野菜の意、だそうです。

さて石門を抜けると、目の前に本堂。↓

国重要文化財。↓

そして振り返ってみた石門の姿である。↓

本堂周辺はこんな景色で↓

お地蔵様や仏像などがあちこちにたくさん並んでいます。↓

石像そばに説明書きがありましたので↓

さっそく読んでみると↓

十六羅漢石像。慈しみの庭に配置されている羅漢尊者は享和元年(1801)に大神九郎次に寄進されたもので、「石仏」にちなんで昭和初期、福岡市によって油山十六景がつくられ、一番から十六番まで順番に周れるようハイキングコースが整備されました

とありました。ちなみに前回訪ねた『鎮西上人霊蹟』には、油山十六景の一つとして「鎮西国師学生寮」がありましたし↓

また少し前のお話で恐縮ですが、油山『夫婦岩展望台』(↓)を訪ねた際にも、「夫婦岩」に油山十六景の文字を見つけました。いつか十六景全部辿ってみたい!

さて境内奥のところに鳥居があって、扁額には「海神社」。↓

階段の先を見上げてみれば、この急傾斜である。頭がくらくらである。↓

すくむ足をなんとかこらえ、引けた腰をくねくね捻りあげ、ようやく上り終えたら、目の前にいきなり社殿。余白なし。すきまゼロ。↓

社殿の奥に本殿。

そして本殿そばに境内社。

上ったはいいんだけど、下りるのにも一苦労です。↓

そうして下りた先には「弁財天像」。↓

またずらりと並ぶ石碑はそれぞれ、↓

右から「行基菩薩」「清賀上人」「平田慈均禅師」だそうで、↓

説明書きがありましたので、各々読んでみることにします。まず「行基菩薩」。↓

聖武天皇の旨を受け東大寺・国分寺の建立を補佐。我が国最初の大僧正。文殊菩薩の化身と言われる

それから「清賀上人」。↓

油山観音の開山。敏達天皇御代の渡来僧。群生する椿の実から搾油し、灯火をもたらす。地名の由来

最後に「平田慈均禅師」。↓

元に渡り修行。帰国後、京都東福寺の住職となり、博多承天寺の住職となる。東西油山720の僧坊を禅宗に改宗。また油山観音の中興開山

といったところで、ずいぶんお話も長くなりましたので、↓

続きは次回に!よろしくお願いします。↓


【PR】世界の絶景 超完全版

【油山観音】

福岡市城南区東油山508