鏡見たら泣けてくる【衣掛天満宮】

太宰府市の「水城大堤」のあたりで、福岡日田線を左にそれた小道の途中。

そこに『衣掛天満宮(きぬかけ)』があります。
記述によると少なくとも300 年前にはこの地に建立されていたそうです。

天満宮ということで、ご祭神は菅原道真。

ご存知の通り、菅原道真は京から大宰府に配流されました。
その長い旅の途中、この国分の地でひと休み。

装束を着替えるために、松と石に衣を掛けた場所が、この『衣掛天満宮』。
そんな由来があるとのこと。

衣を掛けた松が「衣掛松」。衣を掛けた石が「衣掛石」。天満宮に祀られています。

松は昭和28年に枯れたけれど、形を変えて扁額となり、今も拝殿に掛けられているとのこと。

一方の石のほうは、もしかしてこの祠のことでしょうか。

中をのぞくと、っぽい感じですけど。どうでしょうか。



道真が着替える際に姿を池に映したという「姿見の井」も、天満宮のすぐそばにあります。

私には見えますよ。
悲しみに暮れ、涙で濡れた頬をぬぐう道真公。

自分の姿を見ては、また涙が流れる。ため息しか出ない。
そんな無限ループの沼に、道真公もはまってしまったのかもしれませんね。

その気持ち、分かりみしかない。

【衣掛天天満宮】

福岡県太宰府市15