鉄道はある日突然やってくるん【杉山稲荷神社】

先日、西南学院大学を訪ねた帰り道のことなんですけど!?なんですが!?

通りを曲がった先のところに鳥居を見つけましたので↓

鳥居じゃんとかいって近づいてみたのであった。こんにちは。

こちらは【杉山稲荷神社】とのこと。

そばに由緒書きがありましたので

さっそく読んでみると、こうありました。↓

ご祭神は「宇迦之御魂神」。1482年に建立。1666年、橋本村よりこの西新に遷座した紅葉八幡宮の境内正面に位置する

由緒書きは続きます。↓

1913年、この地近隣に鉄道が引かれ静寂さを失ったため、紅葉八幡宮は現在の高取に遷座。稲荷大神のご神託により杉山稲荷神社はこの地に留まることに。今では、かつてこの地に紅葉八幡宮があった名残のある貴重な聖地である

かつて橋本村からこの地へ紅葉八幡宮が遷座とありましったので、以前に紅葉八幡宮を訪ねた当サイト記事の中から一部を参照してみます。↓

三代目藩主である光之公は、橋本村で産まれ育ち、その産土神が橋本の八幡宮でした。その橋本の八幡宮を福岡藩の守護神として、百道松原の地に遷宮したのが【紅葉八幡宮】の始まりです。のち、北筑軌道が境内を横切ることになり大正2年に現在の地へ遷座されました

遷座につながることになる引かれた鉄道というのは「北筑軌道」とのこと。

(※福岡市早良区高取に鎮座する紅葉八幡宮↑)(※紅葉八幡宮のお話はこちらで!↓)

 

また、橋本八幡宮を訪ねた自記事から、こんなお話を参照。↓

文明14年(1482)に柴田蔵人佐繁信父子によって(橋本八幡宮)建立されました。350年前の頃、境内の北側辺りに黒田藩主の別荘茶屋がありました。黒田藩三代の光之は橋本の人を母として生まれ、幼少期をこの地で過ごしました。光之公は産土神として八幡宮を崇敬し寛文6年に西新町紅葉松原に社殿を建てて遷宮

とのこと。(※橋本八幡宮のお話はこちら!↓)

ちなみに由緒書きには、紅葉八幡宮の境内正面に杉山稲荷神社が位置したとありました。つまりこのマンション辺りに、かつて紅葉八幡宮は鎮座したのかな!?もしくは逆サイド!?↓

それでは境内へ。左へ向かって緩やかにカーブを描く鳥居をくぐっていくと↓

社殿があって

おきつね様である。↓

こちらが本殿。↓

といった具合に、参拝はおしまい。街中で偶然通りかかった神社の筈が!あれよあれよと、あちこちに繋がっていくので

なんか運命感じそうになった気もしないでもないかもです!?完。


【杉山稲荷神社】

福岡市早良区西新2丁目10-24