長男も長寿パワーを受け継いでいたのか【香椎宮02】

前回の続きです。(→昭和初期とかついこないだまで磯浜【香椎宮01】

前回、私は福岡市東区の香椎地区に鎮座する【香椎宮】を目指す道すがらに、香椎宮の頓宮を訪ね、そしてその先の『香椎 薬師堂』の前で、続きは次回に!とか呟いていたのであった。

では続きます。まず薬師堂を訪ねてみたいと思います。↓

入り口すぐの説明書きには↓

「香椎 薬師堂」。薬師如来2体。観音菩薩31体。地蔵菩薩1体。

と書いてあって、そのまま右に続く坂道をのぼっていくとまず「地蔵菩薩」↓

そして向こうに『薬師堂』があって↓

お堂の中に入って↓

見上げてみるとこんな具合。↓

薬師堂の一帯は丘のようになっていて↓

ずらっと並ぶは↓

「観音菩薩」。なかなかの景色。↓

それでは参道に戻って↓

先へ進みます。↓

すると目の前に踏切があって↓

これはJR香椎線の踏切。↓

踏切を越えても参道は続く。↓

ようやく参道左手に【香椎宮】の境内があらわれて↓

そしてフェンスの向こうには菖蒲池がちらっと見えるんだけど↓

その前に、参道右手のこちらが気になります。↓

こちらに鎮座するのは【香椎宮】の境外末社である「朽瀬神社」。↓

長寿でその名を馳せる武内宿禰の(→300歳まで生きてみたいじゃん!?【不老水大明神】



その彼の長男である羽田矢代(はたのやしろ)宿禰が祀られているんだそうです。↓

その「朽瀬神社」の少し先まで通りに沿って進んでみると↓

そこは広場になっていて、なにかの記念碑が立っていました。↓

せっかくですので広場の中まで入ってみると、他にも石碑が立っていたりしたんだけど、なんだか私には良く分かりませんでした。ごめんね。↓

そんな広場から振り返ってみると↓

目の前にほら【香椎宮】。そして↓

立派な鳥居も見えますね。楽しみ!!↓

もちろんこれから訪ねるんだけど↓

ここから先のお話は、次回に続きます!

よろしくどうぞ。


【朽瀬神社】

福岡市東区香椎4丁目15