いい塚、夢気分。【日拝塚古墳】

春日市下白水南地区の住宅街の中。

入り口のところに駐車場があって、ちょっとした町の憩いの場所かなと思いきや!!↓

ここは古墳、前方後円墳なんです。【日拝塚古墳】とよばれているそうで、とても素敵な名前です。↓

反対側の入り口はこんな感じ。↓

【日拝塚古墳】の名前の由来は、まさに日を拝むから。

案内板がありましたので、そちらを参照します。↓

この墳丘の主軸がほぼ東・西の方角を向いていて、お彼岸(春分の日と秋分の日の、それぞれ前後合わせて7日間)の時期になると、東におよそ16キロ離れた筑紫野市にある大根地山(おおねちやま)の山頂から昇る太陽を、この塚から拝むことができる。

だから日拝塚というわけ。

この【日拝塚古墳】は6世紀前半に築造された前方後円墳。全長約40mほどで、周溝まで含めると約60m。

また出土品などから、おそらくこの地域を治めていた首長の墓であろうとのこと。



後円部に開口部が見えます。単室の横穴式石室。↓

昭和4年に盗掘に遭いますが(その数なんと2127点)、大半が無事に回収されたそうです。

その中の一つ『金製垂飾付耳飾(きんせいすいしょくつきみみかざり)』は【奴国の丘歴史資料館】に展示されています。

(出土品の大半は東京国立博物館に保管されているそう)

園内奥には、弥生時代の住居跡も発見されています。↓

また、古墳の石室内部(開口部の扉のところ)は【奴国の丘歴史資料館】へ事前予約すると、見学できるらしい。

【日拝塚古墳】のこの後円部のずうっと先に大根地山があって↓

そしてお彼岸の季節には、千年の時をはるかに超えた今でも、この地から日を拝むというわけ。

なんて素敵な塚なんでしょう!!


【日拝塚古墳】

福岡県春日市下白水南6丁目208