わらじは足として手もわらじ【筥崎宮04】

前回の続きです。(→気付いたら勝手に降伏してました!?【筥崎宮03】

前回、私は福岡市東区の箱崎地区に鎮座する【筥崎宮】を訪ね、立派な楼門を前にああと立ち尽くしていたのであった。こんにちは。↓

それでは、今回も引き続き散策していきます。↓

社殿をあとにして、前回から気になっていた「亀山上皇奉安殿」へ向かってみたいと思います。↓

向かう途中に、こんな説明書きが立っていましたので↓

さっそく読んでみますね。↓

亀山上皇の時代に、日本最大の危機ともいえる「蒙古襲来」が起きました。亀山上皇はこれに対し、「わが身を持って国難に代わらん」と自ら異国降伏祈願を行いました。

そして↓

文永の役において、元は百地原沿岸より上陸。九州御家人の大将少弐氏が迎え撃ちました。赤坂、鳥飼、百地原、姪浜にて奮戦勝利。

ちなみに↓

筥崎宮も兵火に遭ったが、亀山上皇は被害に遭った本殿社殿の再建に尽くされ、国家安泰を祈念して「敵国降伏」を下賜されました。

蒙古襲来絵詞。↓

竹崎季長の活躍(アピール)が激しい。↓

そして亀山上皇。↓

木像亀山上皇御神像。↓

説明書きがありましたので↓

読んでみるとこんな具合。↓

ここに奉安する木像ご尊像は、博多区の東公園に立つ銅像の原型として明治時代に制作されました。制作の依頼を受けたのは博多出身の彫刻家山崎朝雲です。

続きます。↓

総高612.4cm。明治の木彫像としては最大級の大きさを誇ります。

とのこと。それではもう少し境内を散策したいと思います。↓

社殿右脇からさらに奥へと進んでみると↓

こちら紫陽花園。↓

現在は閉園中みたいよ。↓

こちらは↓

末社。↓

狛犬。こんにちは!↓

西末社。↓

そしてこちらは↓

東末社。↓

狛犬。こんにちは!ってね。↓

乙子宮の↓

乙子宮参り。↓

そして池島殿。↓

そばに説明書きがありましたので↓

読んでみましたよ。↓

池島殿は古来より手足の守り神として信仰があります。わらじをお供えして病気の平癒を祈ります。良くなったら再びわらじをお供えしてお礼のお参りをします。

さらにこちらも。↓

こういう具合。↓

池島殿は、東末社の一つ。ご祭神は「軻遇土命」。このわらじは子どもの一歳の誕生日に餅を踏ませる際にも使われます。

わらじ。↓

とても興味深いお話ですね。福岡市博多区の吉塚に鎮座する『飛来神社』にもそんなお話があったような。(→今と昔じゃ距離感がだいぶ違う【飛来神社】)。↓

それはともかくなんですけど↓

だんだん日が暮れてきましたので↓

もう一刻も早くダッシュで家に帰りたいと思います。完。

おつきあいありがとうございました。また会う日まで!


【筥崎宮】

福岡市東区箱崎1丁目22-1