雨宿りで恋の大飢饉とか!?それはないわ【古賀神社】

JR古賀駅周辺をぶらっとぶらぶら歩いていると、急に雨が降り始めました。

その雨は青柳川に降り注ぎ、青柳川は【古賀神社】のそばで大根川と合流します。

そしてたゆたゆと流れは進んで花鶴浜へ向かい、最後は玄界灘へ注ぎこまれるってわけ。



私は雨宿りついでに、とか思って【古賀神社】を訪ねてみました。↓

【古賀神社】は「古賀市役所」のド真ん前に鎮座しています。

市役所前の小さな通りを渡ると、鳥居があって↓

さらに進んで境内へお邪魔します。↓

ご由緒書きがあったので読んでみますね。↓

かつて古賀村には東に浦口神社、西に皇石神社、植松に貴布祢神社、後牟田に日吉神社がそれぞれ鎮座していました。
昭和27年に、浦口神社に合祀することになり、名前も【古賀神社】と改めたのでした。

とのこと。

そのため【古賀神社】のご祭神は、それぞれの神社の神様が集まっているという。↓

ご祭神は大日孁神(おほひるめのみこと)・素盞嗚神(すのをのみこと)・埴安神(はにやすのかみ)・高龗神(たかおかみ)・闇龗神(くらおかみ)・大山咋神(おおやまくいのかみ)となっています。
(大日孁神とは天照大神のこと。)

また【古賀神社】では、秋季大祭に古賀放生会が開かれているとのこと。

拝殿と狛犬。↓

さてさて。ところで、ですよ。こちらの手水鉢なんですけど!!↓

水を貯めるところがハート型になっているよ。お分かりいただけるだろうか。

その形ゆえなのか【古賀神社】は縁結びとして良く知られているらしい。↓

この手水鉢は天明の大飢饉の後に、再び飢饉が起きないようにってことで旧皇石神社(村の西にあったという皇石神社のことでしょうか)に設置されました。
そしてのちに、こちら【古賀神社】に移設されました。

飢饉とハート。そのこころは…。

そう、それはつまり。恋の飢饉は繰り返さない!はあ!?

とかいってなんですが、実際はハート形ではなく「葵の葉の形」なのだそう。

手水鉢には小さな穴が120カ所彫られていて(盃状穴)、それは子宝に恵まれる的な意味合いがある。

境内社の『古賀恵比須神社』で↓

【古賀神社】社殿裏にまわってみると↓

『伏見稲荷』。↓

縁結びってことですしね。ご利益があるかな。例えば、偶然同じご神木の下で雨宿りした二人に、突然落雷が…!?↓

とかね。あるある。いや、ないない。

なぜなら雨はもうとっくに止んでいたから。完。


【古賀神社】

福岡県古賀市駅東2丁目2-1