飯盛界隈でウロウロと【西部運動公園】【金武城田古墳】

前回の続きです。↓

前回、交差点の案内に誘われて『羽根戸遺跡』へ向かい

それから、民家の並びにある尊王の志士『松林飯山』生誕の地をさっそうと駆け抜けたところ

ちょうど【西部運動公園】そばへやってきましたので↓

ちょっと寄ってお茶でもしませんか。はいこんにちは。

下に流れるのは日向川。↓

園内にはドッグランのスペースがあったり↓

こっちには鯉のぼり。↓

園内には他に、テニスコートや野球場もあるみたい。↓

開放感があっていい感じ。↓

せっかくですので一周歩いてみましょう。↓

キケンキケン。↓

快晴で気持ちの良い一日です。↓

1周1キロちょっと。↓

じゃあ帰るかってところで、西区の案内地図を見ていたら

以前から気になっていた『金武宿』のことを思い出したので↓

そのまま向かってみることにしました。

 

飯盛の交差点を左へ進んで↓

『やよいの風公園』を通り過ぎ↓

そして『金武古墳群』へ向かう金武の交差点で↓

案内が出ているのを確認。↓

『かなたけの里公園』のすぐ先のところに↓

なんだかぽつんと案内板が出ていましたので↓

ちょっと近寄って読んでみました。↓

金武城田1号墳。約1600年前に造られた直径14mの円形の古墳です。墳丘は2段に造られ、斜面には葺石と呼ばれる石が張り付けてあります。

続きます。↓

古墳中央部に埋葬用の竪穴式石室が発見され、その内部から細線式獣帯鏡、鉄釧などが出土。細線式獣帯鏡は約1800年前に中国で造られ、背面には伝説上動物や縁起の良い言葉が鋳出されています。遺物の内容から、早良平野の有力者の墓と考えられます

とのこと。添えられた細線式獣帯鏡。↓

そして辺りの様子。↓

さて引き続き【金武宿】を目指すわけですが

続きは次回に!お願いします。

【西部運動公園】

福岡市西区飯盛385

【金武城田1号墳】

福岡市西区金武