昔見送りに来て以来の国際線だわ懐かしす【雀居遺跡】

先日、福岡市博多区井相田にある『福岡市埋蔵文化センター』を訪ねました。↓

館内ではこんな企画展が行われていて↓

そこに『雀居遺跡』からの出土物がいくつかあったんです。例えばこういうのとか↓

こういうのも。これは「馬鐸」というんだそう。↓

雀居というのは「ささい」と読むらしく、かつて『現・福岡空港国際線ターミナル』がある場所で発掘された遺跡とのこと。

ネットで調べてみたところ、『福岡市博物館』HP内の「雀居遺跡」の項に詳しく説明がありましたので、参照してみたいと思います。↓

国際線ターミナルそばに、先史時代の大集落「雀居遺跡」が眠っていました。弥生時代から古墳時代にかけての濠をめぐらした集落や大型の掘立柱建物が姿を現しました。豚などを飼育する柵と考えられる遺構も明らかに。

また↓

当時の日本では争乱が勃発しており、雀居遺跡では戦士の木製よろいや盾なども出土しています。はるばる東北地方から運ばれた土器、机のような木製品そして不思議な文様の土器も見つかっています。

とのこと。

サイトには、「福岡空港」に関する説明もありましたので、そちらも参照させていただきます。↓

福岡空港は第二次大戦中の1944年、陸軍席田飛行場としてつくられました。終戦後は、米軍板付基地として運営されたあと、西日本の幹線空港として発展。

それから月日は流れ…。ついこないだのこと。



空港のそばを通った時に、私はふと【雀居遺跡】のことを思い出したんです。それでちょっと寄ってみようかという流れに。↓

国際線入り口の交差点から空港入り口へ入ってみたんだけど、辺りに「遺跡」を示す案内板だとか説明板とかは全く見当たりませんでした。↓

あんまりウロウロしてると、国際的な大事件とかに巻き込まれるかもしれない、そんな恐ろしい考えが頭に浮かんで、ちっとも落ち着かない。↓

ですので私はさっさと空港から撤退して、その周辺をぶらぶらしてみることにしたんです。↓

東那珂の交差点辺りから↓

住宅街の細くて入り組んだ道を徘徊していたら↓

唐突に神社が鎮座していて、そこには「祇園宮(ぎおんぐう)」と記されていたのでした。↓

さっそく私は、鳥居をくぐってお邪魔してみたんだけれど、その愉快な様子はまた次回に是非!!(→なんかごめんなんだけど【雀居祇園宮(須賀神社)】


【雀居遺跡】

福岡市博多区東那珂2丁目