立ち塞がった大岩は祈るが吉【那珂川裂田溝02/03】

前回の続きです。(→神田は無事に作られたのだった【那珂川裂田溝01/02】)↓

【裂田溝】と呼ばれる人工用水路を辿って、那珂川市山田地区にある「一の井手」から「裂田溝公園」までやってきた私ですよ!?こんにちは。↓

地図で確認するとこんな具合。赤ラインが前回のあしどりで青ラインが今回進む予定の道筋です!↓

さて【裂田溝】というのは、「遠い昔にこの那珂川山田の地に造られた、農業用の人工用水路のこと」だということを前回知りました。

また「裂田溝公園」には、【裂田溝】の始まりとも言われる「神功皇后伝説」の重要アイテムである「御立石」が置かれていて、今日も那珂川シティの安全を見守っています。↓

公園内には他にも、【裂田溝】にまつわる説明書きが色々とあって、読んでいると賢くなった気がしてきますね。↓

さて、それでは先へ進み「裂田神社」へ向かいたいと思います。↓

水路を辿って、道なりに進む。こちらは「景資橋」で↓

ここを右へと進んでいけば↓

【高津神社】が鎮座していて(→映える隙がまったくなかった【高津神社】)↓

そこから今度は登っていくと【岩門城跡】に辿り着くんだけど↓(→16ビートで山登ってみた【岩門城跡】

今回は水路に沿ってそのまま進みますよ。

さらに先には「城の下」の信号があって↓

先ほど見た地図には「横断注意」と記してありました。みんなも気を付けてくれよな!!

無事に横断したら、そこには一層の田園風景が広がっていて↓

あのこんもりした山?丘?は「安徳台」というんだそうです。↓

のんびりしている。↓

そして辺りはこんな風景。↓

半円状になっているところを、道なりに沿って進んでみると↓

ここはきれいに整備されていて↓

あじわいのある雰囲気。↓

そばに案内板がありましたので↓

読んでみますね。↓

裂田溝の名前の由来は日本書紀の記載によるもので、その記載の「大岩が立ちふさがった」場所がここ「裂田神社」の裏手だと言われています。

こちらはその大岩に関する写真とのこと。↓

そう、ここは「裂田神社」の裏手なんです。ということは、この辺りに大岩があったのかな。↓

そしてこちらが「裂田神社」の鳥居です。↓

境内に由来書きがありましたので↓

読んでみるとこんな具合。↓

裂田神社は安徳、宇竜頭にある裂田の溝を祈念して「神功皇后」を祀っています。朱塗の拝殿には絵馬が所せましと奉納され、その奥に神殿。

そして↓

神殿の扉には菊花の紋章。境内には明治39年の鳥居をはじめ、狛犬、注連掛石などが、杉の老木や古株と並び、裂田の溝が周りをめぐっています。

とありました。さて、長くなりましたので、今回はここまでにしたいと思います。



続きは次回。よろしくお願いいします。(→)


【裂田神社】

福岡県那珂川市安徳11