旧西新駅から姪浜駅まで辿ってみた【旧筑肥線4/4】

全4回にわたってお届けしてきた【旧筑肥線】を辿る散策も今回で終わりです。

初めは思い入れもなにもなかったけれど、終わりがくると寂しいもの。


(イメージ図)

では、最後の目的地【姪浜駅】に向けて元気いっぱいに出発したいと思います。

 

今回は『旧西新駅』があったファミリーマート(昭代店)からのスタート。↓

(※前回のお話はこちらで。↓)

そばに流れる「汐入川」に沿うように、通りをしばらく進んでいきます。↓

すると原通り(旧早良街道)が私の目の前を横切るのだ!!ここにもかつて、踏切があったのだそうです。↓

「汐入川」はここから右へと逸れて「油山川」と合流した後、「室見川」へと流れ込むわけですが↓

かんじんの【旧筑肥線】のほうは、このまま原通りを越えて「油山川」の上に架かる「弥生橋」を渡っていくという流れ。↓

右には「室見小学校」。↓

さらに進んで「金屑川」に架かる「汐見橋」を渡ります。「金屑川」もこの先で前述の「油山川」に合流しますよ。

隣に並ぶ橋がシブくてマブい!!↓

この辺りで道幅が広くなってきたよ。↓

からの「室見川」。↓

からの「室見川筑肥橋」。↓

欄干には鉄道モチーフのデザイン。いかしてるう!!↓

これも線路っぽくないですか!?なくないですか!?↓

福岡タワー。↓

橋を渡って都市高速の下をくぐり↓

愛宕南交差点をさらに先へ進むと↓

道が枝分かれしています。ここでは右の細いほうへ入っていきます。↓

小さな通りをくねくね進んでいくと↓

壁があって、その壁の向こうは↓

上から見るとこんな感じ。この辺りで【旧筑肥線】は合流したのでしょう。↓

とういうことは、後はこのまま線路に沿って歩いていくだけ。

終点【姪浜駅】はもうすぐ。

大きなオブジェがお出迎え。到着です。ご苦労さまでした。

さて、これまで私は『博多駅』から『姪浜駅』まで【旧筑肥線】の面影を辿ってきたわけですが、なんだかお宝探しの旅って感じで楽しかったです。

あとで振り返れば、大事なものを色々見落としているでしょうけど。それもまたいつか。

橋の欄干や緑道も、隠されたヒントみたいで良かった。

とにかく、ここまで読んで下さり

ありがとうございました。

前回の記事はこちら↓

初回の記事はこちら↓


【姪浜駅】

福岡市西区姪浜4丁目8-1