旧西新駅から姪浜駅まで辿ってみた【旧筑肥線4/4】

0
旧西新駅から姪浜駅まで辿ってみた【旧筑肥線4/4】

全4回にわたってお届けしてきた旧筑肥線を辿る大冒険も今回で終わり。

なんだか寂しいですね。旅の終わりって。
今までの道のりが走馬灯のように頭に浮かびます。
悪に襲われている絶世の美女。
激闘の末に救い出した我々(一人)。
つかの間の幸せ、裏切り、別れの時、再開、つかの間の幸せ、裏切り、葛藤、さらなる裏切り…。

もういいですね。

では最後の目的地【姪浜駅】に向けて元気に出発しましょう。

隣に流れているのは汐入川。しばし沿うように進みます。

原通り(旧早良街道)。ここは踏切跡なのだそうです。

汐入川は右へ逸れていき油山川と合流した後、室見川へ。

その油山川にかかる弥生橋を渡ると

右に室見小学校。

さらに進んで金屑川にかかる汐見橋を渡ります。金屑川もこの先で油山川に合流。

名前の組み合わせがいいですね。さらに隣に並ぶ橋がシブくてマブい味を出してます。

このあたりから道幅が広くなりました。さらにまっすぐ。

おお、室見川。そして室見川筑肥橋!!

ステキですね。

ここにもやっぱり欄干にデザイン。

橋もいい感じです。

向こうに福岡タワーが見えます。

都市高速の下をくぐって

愛宕南交差点を先へ進んでいくと

右へ分岐する道があります。ここを入っていくのである。

くねくね進んでいくと

壁で見ることはできませんが線路が現れます。ここで【旧筑肥線】はおそらく合流するのでしょう。

上から見るとこんな感じ。

後は線路に沿って歩いていくだけ。

心の準備は出来てますか。いよいよ終点【姪浜駅】に到着ですよ。

っつかなんだあれ。

せっかくのフィナーレをオブジェに持っていかれましたが、あらためまして。
到着です!!誰も出迎えてくれないけど!!
達成感がご褒美ですよ。

今はない旧筑肥線を辿る大冒険。
あまり当時の面影がなかった(私が気づけなかった)けれど、橋の欄干や緑道など、後世に跡を残したいという人々の愛を感じることもありました。

★記事の中には間違いが多々あることでしょう。(ごめんなさい)
あくまで参考程度にしていただいて、是非皆様も小さな大冒険に出かけてみてはいかがでしょう。

これにて解散式のあいさつを終わります。さいなら。

はあ、こっから帰るの面倒くせえ。でも楽しかったですYO

前回のブログはこちら!

【姪浜駅】

福岡市西区姪浜4丁目8-1