観音山に登ったことがあるといいたい【大徳寺/観音山】

JR博多南駅からしばらく歩くと【大徳寺】があって、そのお寺の境内の奥から【観音山】へ登ることが出来るらしい。↓

と私は聞いていたので、晴れた日にノコノコと出かけて行ったのでした。

チョー天気良い。待ってヤバい。とか一人でぶつぶつ言いながら、新幹線車両基地を横に見つつお寺に到着。↓

山門前に、観光案内板みたいなのがありました。↓

では大徳寺の境内へ。

『真言宗 観音山 大徳寺』。↓

観音山の由来。↓

『根の一部』。弘法大師にまつわるものでしょうか。↓

こちらは商売繁盛の神『金生神』。素晴らしい名前です。↓

では登ります。標高132メートルの低山です。

境内から階段を上っていく。↓

落ち葉で足元が不安定。ちょっと歩くと『大徳寺奥ノ院』。↓

『弘法大師手掘りの梵字』で↓

こちらは『弘法大師坐像』。↓

巨大な石が私の行く手を阻む!!

次第に傾斜がきつくなってきます。今、山を登ってます私ナウって感じがします。

落ちている木の枝を巧みに使って登っていく。蜘蛛の巣がマジ無理。あと山道のアップからのダウンとかね、まいるわ。

とかなんとかいってると、観音山の頂上に到着です。かなりゆっくり歩いて30分くらい。↓

三角点。↓

ここ観音山の展望台から目の前に広がる福岡の街並み。

奥に山道が続いているので向かってみます。↓

するとお堂があって、道が分かれている。↓

「石割山」方面と「白水公園」方面のどちらかを選べというわけです。

今回の目的地は観音山でしたので、石割山はまた次回。

降りる道ですので、ほとんど下り道。こちらは草がわさわさしてて、もっと自然。ネイチャー感がやばい。

そんな中、山道の途中にぽつぽつとお地蔵さまが佇んでいて、みんな私のことを応援してくれました。サンキューお地蔵様。

すると、車が走る音がぶーぶー聞こえてきて、コンクリートジャングルが見えてきた。登って降りて1時間かからないくらい。

降り口は少し離れたところに出てきて焦ったけど、そばにこんな案内板を発見できたので合格にします。↓


【観音山】

福岡県那珂川市中原467