名島城を探してみたけど 3/4【名島城址公園】

前回の続きです。(→名島城を探してみたけど02【名島神社】

前回、福岡市東区の名島地区に鎮座する【名島神社】を訪ねました。そしてその神社境内にある【名島城址公園】の入り口前で、私はなんとなく佇んでいたのであった。

では、続きます。さっそくスタートしますね。↓

公園入り口前の階段をスタスタのぼると、その先にゲートがあります。開園時間は4月~9月が9:00~19:00で10月~3月が9:00~17:00とのことだけど、訪れる際には確認してみて下さい。

さて、ゲートを抜けると【名島城址公園】それはつまり【名島城本丸跡】に到着です。公園は2012年4月に開園だそうで↓

園内はこんな雰囲気。広場のような趣きでござる。↓

広場の端には『名島城跡の碑』があって↓

そばには『小早川隆景公名島城入府四百年記念の碑』も建っていました。↓

こちらは『臥龍桜』で↓

こっちは『不断梅』というんだそう。↓

また、広場奥には休憩所があって、名島地区の案内パネルが色々と貼ってありました。そんな【名島城本丸跡】。↓

ところで。【名島城】というのは、三方(北・西・南)を海に囲まれた「水城」であったといわれています。

その位置関係を現在の地図と照らし合わせてみるとこんな具合!?(名島神社HPを参照させていただきました。)間違ってたらごめん。

(→リンドバーグ『ここは名島ですか』【名島飛行場跡】

【名島城】はのち、黒田長政の福岡城築城により廃城になったわけですが、その築城の際に【名島城】の石垣など多くが解体されて福岡城へと運び出されました。



これを『名島引け』というんだそう。多くのものが消失したけれど、現在でもなお残っている【名島城】の遺構には「福岡城内」にある『名島門』や↓

「崇徳寺」にある『唐門』、そして「宗生寺」の『搦手門』また↓

「正定寺」には【名島城】の『書院(切腹の間)』が残っているんだそうです。↓

さて、園内の北西奥には【隅櫓跡】があって↓

礎石が残っています。瓦片も多くみつかったとのこと。↓

『大手虎口の石垣』の案内板には、石垣のある辺りが登城口で、そのための階段がかつてここにあったよ、的なことが書いてありました。↓

ゲートは残念ながら鍵がかかっていたけれど

別角度から、鋭い眼差しでのぞいてみる私。↓

この道が、お城への正規ルートということみたい。せっかくですので、そのまま辿ってみましょう。↓

大手門もこの辺りにあったということでしょう。↓

ここにも説明書きがあって↓

古地図も一緒に掲載してありました。現在地はこんな具合。↓

そのまま進むと急な下り坂になっていて↓

下りた先にはこんな案内板が。どうやらここは『城山道』というらしく「名島城の本丸があった」との記載がありました。

わりと急だから、登城するのもひと苦労。↓

さて、今回はここでおしまいです。辺りを徘徊しているうちに、【名島城】の輪郭がぼんやりと掴めてきたような気がします。それもまた幻。

次回は「会いたくて南丸/秋」。つまり名島城の散策もいよいよ終盤。よろしくお願いします。
続きはこちら(→名島城を探してみたけど 4/4【宗栄寺】


【名島城址公園】

福岡市東区名島1丁目15