一人で行ったら怖かった【今里不動古墳】

0
一人で行ったら怖かった【今里不動古墳】

快晴で、初夏を思わせるほどの暑い日です。
梅雨もまだ来てないっていうのに。マジ卍。

ということで、向こうに見えるこんもりした森。どうですか?見えますか。
あそこが今回目指す『今里不動古墳』。豪族のお墓の跡です。

この古墳ですが、どうやら石室を見学できるらしいんです。

詳しくは、福岡市のサイト【福岡市の文化財】から引用します。

福岡平野東南部の月隈丘陵から延びる小高い丘陵上に築かれた直径34m、高さ9mの円墳。

内部主体は複室の横穴式石室で、全長11.2m。
大きな花崗岩を組み合わせて造った石室は、福岡平野で最大級の規模をもつ。

出土遺物は不明だが、墳丘・石室の規模から御笠川中流域の有力豪族を被葬者とし、6世紀末~7世紀初頭に築造された古墳と考えられる。

大正時代までは2基の陪塚があったと伝える(引用終わり)

さあ、森を目指しましょう。

飲食店前にある、やや急な坂道を少し上ると、案内板発見。
そこから今度は細い道を下っていきます。

さらに少し進むと

マッテ!ヤバイ!!



もうこれ真っ暗。怖い!!
真っ暗すぎてなにがなんだか分かんない。

とにかく必死にスマホのフラッシュでパチパチ撮りまくりです。この漆黒の暗闇を!!

その上ですよ。撮ってる間、背後が気になって落ちつきません…。
ひんやりし過ぎ。

ぴゅーぴゅーと鳴くような風の音ばかりが強くなって…。

は!だ、誰かいるんですか?お邪魔してますよ!!

懐中電灯でも持ってくれば良かったな、と帰ろうとした瞬間
照明のボタンを発見。

ほら、ここよここ。this thisですよ。
ひと安心です。良かった良かった。

と思いきや、暗くなくてもやっぱり怖いわ!!

【今里不動古墳】

福岡市博多区金の隈3丁目16-9

最寄駅:西鉄バス「今里」から徒歩約3分