だんだんいんぐんだんだんぐん【御笠団印/遠賀団印】

以前にも訪れたことのある↓

福岡県太宰府市に鎮座する【坂本八幡宮】。(→フィーバーはある日突然やってくる【坂本八幡宮】)↓

その周辺をウロウロしていると↓

「うらやま」!!は置いておいて、「坂本公園」に辿り着きました。↓

歩き疲れていたので、よっこらしょとかじゃなくて、おふぅとかそんな声を出してベンチで休憩。↓

ようやく動けるようになったので、この少し先に立っている案内板をのぞいてみました。↓

するとそこには「御笠団印出土地」と書いてあったんです。団!?団団!!団、団団団。印。団。印。↓

口ずさんでしまうくらい気になります。すぐ近くなので、訪ねてみることにしました。↓

少しだけ通りを進んでいくと案内板があって分かれ道。↓

左の路地を入っていくと↓

空地といっては失礼かもしれないけど、そんな場所に↓

説明書きが立っています。↓

読んでみるとこんな具合。↓

御笠団印出土地。701年の大宝令に定められた軍団(軍隊)の印判が発掘されたところである。軍団は全国に置かれていて、普通、一軍団は兵士千人で構成。それらは成人男子3人に1人の割合で徴発。

そしてこんな記述も。↓

平安時代初め、筑前国(福岡)には4軍団あり、この印にある「御笠軍団」はそのうちの一つだったと考えられています。近くの水城小学校からは遠賀軍団の印が見つかっています。

分からないなりに頑張ってまとめてみると↓

法律が定められて、団が出来ました。団というのは、地方都市にそれぞれ置かれた軍のこと。兵士は徴兵制度によって集められました。福岡には全4軍団あったとされ、それらの軍団が公的に使っていた印が、4軍団中2軍団分発見されている。

こんな感じでしょうか。もう少し詳しく調べてみると↓

「御笠団印」は昭和2年(1927)に、水城村(現在太宰府市)坂本の桑畑から偶然発見され、現在は東京国立博物館が所蔵しています。

せっかくですので、お話に出てきた「遠賀軍団印」発掘の地とされる「水城小学校」も訪ねてみることにします。↓

政庁通りを入り口辺りまで真っ直ぐ進むと

関屋交差点の角。向こうには鳥居が見えますね。↓

こちらが校門。でもね、碑は校庭にあるらしいんだよな。さすがに入れません。(休日の訪問です)↓

歩道橋からも攻めてみたけど、碑の背中しか見えません。↓

そこで、校門外側からちらっと失礼します。↓

また、詳しく調べてみるとこうありました。↓

遠賀団印出土地。今から1300年前の軍隊(軍団)の印鑑です。軍隊の数は数百人から千人とされ、一家に一人は徴兵されたと考えられます。明治32年(1899)に水城小学校(当時は御笠北高等小学校)で掘り出されました。

ふと思ったんですけど、福岡で4軍団しかないのに、そのうちの2軍団がずいぶん近場なんですね。



そして、とにかく名前の響きがいい。軍。団。印。団。印。軍。軍。軍。↓

かつての軍団の人らも、きっと口ずさんでたに違いない。


【御笠団印】

福岡県太宰府市坂本3丁目23-15

【遠賀団印】

福岡県太宰府市観世音寺3丁目13-1